ニキビに影響を与える甲状腺ホルモンについて

甲状腺ホルモンは新陳代謝を促す働きのあるホルモンで、その分泌はニキビにも影響を与えると言われています。この記事ではそんな甲状腺ホルモンについて私なりに考えた事を書いてみます。尚、詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『身長の伸びに影響を与える甲状腺ホルモンについて』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

甲状腺ホルモンの役割について

甲状腺ホルモンは喉仏の下辺りに位置している「甲状腺」から分泌されるホルモンの一種です。ほぼ全ての細胞にはこの甲状腺ホルモンの受容体があるとされ、「古くなった細胞を取り除き、細胞を新しく作り変える」という「新陳代謝」の過程をスムーズにする役割があると言われています。特に蛋白質の合成に必要不可欠なため、「ニキビを治す」上でも非常に重要なものです。

また甲状腺ホルモンはそれを受け取った細胞のエネルギー代謝を活発化させる役割もあります。これも新陳代謝を促すためで、これにより単純に「基礎代謝」が上がる事になります。基礎代謝が上がるという事は糖、脂肪、蛋白質の代謝が上がるという事です。これにより脂肪の代謝が改善され、皮膚の形成や皮脂の分泌を改善する事ができると思われます。


甲状腺ホルモンの分泌を促すためには

甲状腺ホルモンは脳下垂体から分泌される「甲状腺刺激ホルモン」によって分泌、またその「甲状腺刺激ホルモン」は視床下部から分泌される「甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン」によって分泌されます。この内、視床下部は大脳と中脳の間にある「間脳」という場所にあり、ここは自律神経の中枢です。自律神経は「活動」の交感神経と「鎮静」の副交感神経から成り立っており、特にストレス反応において重要な役割を持っています。すなわち例えば過度なストレスを受ける事で自律神経が乱れると、甲状腺ホルモンの分泌にまで悪影響を及ぼす事がある訳です。ニキビを治すにはストレスコントロールが重要です。

尚、甲状腺ホルモンはアミノ酸の一種である「チロシン」と、ミネラルの一種である「ヨウ素」から作られています。チロシンは必須アミノ酸の一種である「フェニルアラニン」から合成されます。必須アミノ酸は蛋白質を多く含む食品(肉、魚、卵、乳、大豆)から摂取されるので、それが制限されると材料が不足する事があります。またヨウ素は海産物全般に含まれるミネラルで、日本人は摂取機会に恵まれていますが、食習慣によってはこれも不足する事があります。


甲状腺ホルモンの機能を低下させる病気に注意する事

甲状腺ホルモンの分泌を低下させる病気では、先天的に甲状腺機能が低下する「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)」と、少し後になって症状が出る「後天性甲状腺機能低下症」があります。この内では、後天的に低下するケースの方が少なく、8割が先天的なケースと言われています。また一般的に女性の方がこのような病気にかかりやすいという統計があるようです。

後天的に甲状腺の昨日が低下する場合、例えば今まで順調に身長が伸びてきた人では、その成長スピードが急に遅くなる事があります。前述のように甲状腺ホルモンはあらゆる細胞へ影響を与えるので、甲状腺ホルモンの分泌が悪くなると、細胞がエネルギーを得られず、そのように全身にある様々な細胞・様々な機能が低下する事になるのです。当然ニキビの治りも遅くなるでしょう。

他では代謝異常が起こる事で全身あるいは体のどこかがだるく感じたり、水分代謝が低下する事でむくんだり、記憶力や集中力の低下などが起こる事もあるようです。そこですぐに気づく事ができれば治療によって改善しますが、これらの症状は風邪と誤認する事も多く、見逃される事もあるので注意すべきです。できるだけ早く気づき、治療を開始(内分泌科などを受診)しましょう

ちなみにですが、逆に過剰に分泌される病気もあり、有名なのは「バセドウ病」です。甲状腺ホルモンの役割を考えると分泌量が増えた方が良いように思いますが、そのように甲状腺ホルモンはあらゆる細胞へ作用するので、臓器などが活性化されすぎ、それによる様々な症状が出ます。人によっては性格まで変わってしまう人もいるようです。


★当ブログ内関連記事一覧

電子書籍化について

電子書籍制作については現在未定となっております。

夏バテを予防してニキビを治そう

急に気温が上下動する事によって起こる「夏バテ」について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

「夏バテを予防してニキビを治そう」の続きを読む

当ブログご利用に関する注意事項について

★相互リンクについて

当ブログでは相互リンクを募集しておりません。現在、相互リンクは私の運営ブログである「身長を伸ばす方法について考えてみた」にて受け付けておりますので、もしそちらのブログが気に入ればそちらで申し込み下さい。また当ブログに関する質問は「ツイッター」にてお受けできるかもしれません。ただしそちらも全てをお受けするとは限りませんし気まぐれでの対応となりますのでご了承下さい。尚、当ブログはリンクフリーとなっております。もしリンクしていただける方は下記にあるような「テキストリンクの形」でお願いします。

●テキストリンク用タグ

●当ブログ内容説明用テキスト(貴サイトのデザインに合わせて変更可)


★当ブログのコンセプト及びポリシーについて

よくありがちなのが「情報が十分に得られる」と見せかけて、実は「それ以上の情報を知るためには有料」というブログです。散々、閲覧者の知的欲求を煽るだけ煽っておいて「知るためにはお金を払わなければならない」・・・そういうブログがネット上にはたくさんあります。他所のブログの事をとやかく言うつもりはありませんが、私はどうもそういうブログが性に合いませんでした。ですので当ブログは「情報の出し惜しみを一切しない」という事をポリシーとしています。私の能力で書く事ができる情報を全て書くよう努めており、ただただ情報を垂れ流しています。

●当ブログに掲載している画像について
当ブログは文字がメインの構成になっており、人によってはかなりの見づらさを感じるかもしれません。画像に関してはパブリックドメインのものと自主制作画像のみとなっております。自主制作画像については当方が著作権を有しております。

●コメント・トラックバックについて
現在コメント及びトラックバックはする事ができない設定となっています。

●引用について
当ブログの内容に関しては必ず明確に「引用」と分かる形にして下さい。引用の際には特別ご連絡は必要ありません。ただしそのまま記事をまるごと転載する事は一切禁止致します。これは無用なトラブルを予防するためなので何卒ご理解下さい。

●宣伝など
当ブログについての過度な宣伝はお断りしています。これも無用なトラブルを防ぐためであり、私自身も当ブログに関する積極的な宣伝を行っていません。所詮個人趣味のレベル。察して下さるとありがたいです。

●最後に
最後に、こんなブログですが暖かく見守っていただければ幸いです。