ビタミンCでニキビが治る?効率良く摂取するには?

ここでは美容に良いとしてよく知られているビタミンCですが、効率良く摂取するにはコツが必要です。ここではその効果や多く含む食品、摂取する際の注意点などをまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、皮膚に塗る事で効果があるのか?についても合わせて説明しています。

「ビタミンCでニキビが治る?効率良く摂取するには?」の続きを読む

ビタミンEはニキビに良い?(別ブログリンク)

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞を酸化ストレスから保護したり、脂肪の酸化を抑えてくれる役割があると言われています。この事から、ビタミンAやビタミンCと共に抗酸化ビタミンの一つに数えられています。特にその抗酸化作用により、ビタミンCを再利用し、再び抗酸化機能を発揮させる事ができると言われています。このため肌の健康を維持するためには必要不可欠なビタミンです。


しかし脂溶性ビタミンのため、体に蓄積しやすく、過剰摂取のリスクもあります。食品を利用する場合では稀(調味油を大量に摂取すればリスクはある)ですが、サプリメントを利用する場合、摂取量には十分な注意が必要でしょう。ちなみに脂溶性なので油及び脂肪と一緒に摂取する事で吸収率が高まります。サプリメントを摂取するなら食後がオススメです。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『ビタミンEが筋肉に良い?その効果と摂取方法』にまとめているのでそちらをご覧下さい。



ここではビタミンEを摂取する事ができるサプリメントを紹介しています。繰り返しになりますが、サプリメントを利用する場合、過剰摂取には注意しましょう。基本は食品からの摂取で十分と思われます。食品ではナッツ類や油から摂取できます。アーモンド、ピーナッツ、ひまわりの種、各種植物性油などが代表的です。



Amazon商品リンク



MRM コンプリートビタミンE

これはビタミンEを摂取する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は1日0〜1錠と思われます。前述したように過剰摂取が心配な場合、1〜2日おきに1錠にするなど、摂取量や頻度を調節すると良いでしょう。また食事の内容や運動量なども見て、摂取するかどうかを決めればより安全と思われます。


ビタミンAはニキビに良い?(別ブログリンク)

ビタミンAには強い抗酸化作用があります。特に目や鼻、喉など「粘膜」の健康を維持するために必要なビタミンと言われています。俗には「目に良い」と認知されていますが、これは視細胞の構成要素になっているからです。つまり摂取が視力向上に繋がる訳ではありませんが、摂取の積み重ねは加齢による視力の低下を緩やかにするために必要と思われます。

もちろん肌の健康を維持するためにも必要です。酸化は正常な蛋白質の合成を阻害しますから、その不足はニキビを治りにくくするでしょう。一方、ビタミンAはレチノールとβ-カロテンに分けられ、効力の強いレチノールでは過剰摂取の懸念が、しかしβ-カロテンは効力が弱いため、それだけだとビタミンAとしては不足する事があります。上手くバランスを考えて摂取する事が重要でしょう。尚、記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『ビタミンAは筋肉に良い?その効果と摂取方法』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ここではビタミンAを摂取する事ができるサプリメントを紹介しています。そのようにビタミンAは効力の強いレチノールの摂取を基本とし、必要に応じてβ-カロテンを補給します。レチノールは動物性の食品、肉、魚、卵、乳から摂取できます。特にレバーがオススメです(数日おきにすれば過剰摂取の心配はない)。一方、β-カロテンは緑黄色野菜から摂取できます。特にニンジンが代表的です。それらが苦手な場合、必要に応じてサプリメントを利用しましょう。


Amazon商品リンク



NOW Foods ベータカロテン

これはβ-カロテンを補う事ができる海外製のサプリメントです。容器には1日1粒目安と書かれています。レチノールと違って過剰摂取のリスクは低いですが、日本で売られているβ-カロテンのサプリメントと比べれば、1粒当たりの含有量が多いです。念の為にも用法用量はしっかりと守るようにしましょう。