セロトニンとメラトニンによるニキビへの影響(別ブログリンク)

セロトニンは心身を活性化させ、ホルモンバランスを整え、精神を安定化させる役割があります。そのため昼間の活動量が、その分泌に大きく関係します。またセロトニンは蛋白質に多く含まれる必須アミノ酸「トリプトファン」から作られています。つまり食習慣がその分泌に大きく関係します。更にセロトニンは太陽の光を浴びる事でその分泌が促されます。よって昼間に太陽の光を浴びる事が分泌を促すための鍵になります。

一方、メラトニンは心身に睡眠を行う準備を促し、睡眠の質を高める役割があります。そのため分泌を促すには睡眠習慣の改善が必要です。ただしメラトニンはセロトニンから作られます。つまり昼間の活動や、食習慣が、睡眠習慣に大きく影響しているという事です。これは別の言い方をすると、活動と休息が表裏一体になっているという事です。両者の分泌が正常であれば体内時計のように機能するため、その分泌は生活習慣全体のリズムを維持する上で非常に重要なものです。

またメラトニンは性ホルモンの分泌をコントロールする役割もあります。思春期ではニキビが増えますが、これは性ホルモンの分泌バランスが崩れ、皮脂の過剰分泌が起こった事が原因です。またその原因の根本となっているのは、昼間の活動と睡眠習慣のバランス、すなわちセロトニンとメラトニンの分泌です。それを正常化する事が、ニキビを治すための近道になります。

この他、メラトニンには早熟を抑える役割もあり、実は身長の伸びにも大きく関わっています。特にメラトニンは睡眠時に分泌されますが、例えば寝る直前に明るい画面を見るなどすると、そんなメラトニンの分泌が阻害されると言われています。それどころか、そのようにメラトニンが分泌されなければ早熟に繋がり、発育にも悪影響を及ぼす可能性があります。規則正しい生活習慣を続ける事は、肌の健康に限らず、心身の健康を維持する上で大前提となる事なのです。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『セロトニンとメラトニンの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


オオサカ堂商品リンク

Source Naturals 5-HTP 50mg

これはセロトニンの材料になる「5-HTP(ヒドロキシトリプトファン:トリプトファンの代謝過程で作られる)」のサプリメントです。摂取方法は1回50〜100mgずつを、小分けにし、特に空腹時に摂取すると良いと思われます。ただし寝る前や運動前の摂取はオススメしません。また過剰摂取により逆にホルモンバランスを崩したり、人によっては下痢になる事もあるので、摂取量は各自調節が必要です。ご利用は自己責任で。

一方、メラトニンもそれを摂取する事ができるサプリメントが存在します。アメリカなどでは店頭で売られているものですが、日本国内では販売されておらず、利用するには海外から取り寄せる必要があります。尚、現時点で思春期の人、あるいは思春期以降の場合、メラトニンの持つ「性成熟を抑制する作用」が原因で、逆に心身の健康を害してしまう事も考えられます。メラトニンの役割・特徴を理解し、摂取する時期、摂取を始めるタイミング、摂取を終えるタイミング、1回の摂取量、摂取する時間帯、摂取する頻度などには十分注意しましょう。

オオサカ堂商品リンク

Source Naturals メラトニン 3mg・5mg

これはそんな海外製のメラトニンのサプリメントです。摂取するタイミングは夕食後〜寝る前に。摂取量は1日1粒程度が目安です。尚、前述のように過剰摂取には注意しましょう。ご利用は自己責任でお願いします。


自律神経のバランスを整えてニキビを治そう(別ブログリンク)

自律神経は呼吸、血圧、心臓の鼓動、体温調節など、無意識の内に働いている様々な機能を制御しています。そんな自律神経は活動の交感神経と、休息の副交感神経の2つに分けられ、お互いが上手くバランスを取り合っています。しかしストレスに対して非常に敏感で、過度なストレスがあると、そのバランスが悪くなり、性ホルモンやセロトニン・メラトニンなど、様々なホルモンバランスが崩れてしまう事があります。ホルモンバランスが崩れ、睡眠習慣が崩れれば、当然肌の健康にも良くありません。

また自律神経はそのように活動と休息の役割があり、そのメリハリも重要です。最近では寝る前にスマホを弄る人も多いですが、寝るべき時にそのような事をすれば、当然自律神経が興奮して休めず、睡眠の質を低下させます。更にそれは自律神経のバランスを崩させ、ストレス耐性を低下させ、精神を不安定化させる原因にもなります。特にストレスなどの精神状態は肌の健康、及びニキビの悪化に大きく関係していると言われており、肌の健康を維持するためには睡眠習慣の改善はもちろん、昼間のストレスコントロールも重要になってきます。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『生活習慣に規則的なリズムを作り、自律神経を働かせよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ニキビを治すために重要な睡眠の質(別ブログリンク)

「目」は起きている限り常に活動をし続ける組織であり、それを真に休める方法は目を瞑って光を遮断する事、またその目からの情報を処理する脳を休める「睡眠」しかありません。

しかし睡眠は自分の意志で制御できるようなものではありません。それ故、良い蓄積も悪い蓄積も、気づいた時には大きなものになっています。決して軽視してはなりません。特に睡眠前に明るい光を浴びると、睡眠の質を高めるために必要なメラトニンの分泌を阻害し、睡眠の質を低下させると言われています。寝る前には部屋を暗くし、明るい画面を見ないようにしましょう。ちなみにメラトニンは昼間に分泌されるセロトニンから作られます。つまり実際には昼間に何をすべきかによっても睡眠の質は大きく変わります。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『身長を伸ばすために睡眠の「質」を高めよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。