緑黄色野菜や果物はニキビ効く?(別ブログリンク)

緑黄色野菜や果物のような植物性の食品には全体としてカリウムが豊富に含まれています。カリウムは血圧を下げ、水分代謝を正常化し、ナトリウムの排出を促します。これによりニキビにも良い影響を与えます。また緑黄色野菜や果物に含まれているビタミンCやビタミンAには、強い抗酸化作用があり、細胞を酸化から保護したり、脂肪の酸化を抑えてます。これも肌の健康の維持に重要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『緑黄色野菜を食べてビタミンを補給しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


もし食物アレルギーや好き嫌いなどで野菜や果物不足が心配される方は以下のような商品をオススメします。

acquavita(アクアヴィータ) ビタミンB群100+葉酸

これはビタミンB群をまとめて補う事ができるサプリメントです。摂取量は1日1粒目安となっています。ただし一粒当たりの容量がやや多いので、半分に砕いて2回に分けて飲むか、細かく砕いて3回に分けて飲む事をオススメします。
DHC マルチカロチン

これはβ-カロテンなどのカロテノイドを補う事ができるサプリメントです。尚、普段から緑黄色野菜を食べる習慣のある人では基本的に不足する心配はありません。決してサプリメントだけに頼り切るべきではありません。
ヘルシーカンパニー ビタミンC 粉末

これは水溶性のビタミンCを摂取する事ができる粉末です。効率良く吸収・利用するには2〜3時間おきに1g〜ずつ摂取する必要があります。面倒ですが過剰摂取の心配はないため、それぐらい摂取した方が良いでしょう。
NOW Foods 脂溶性ビタミンC 500mg
ascorbyl-palmitate.jpg
こちらは脂溶性のビタミンCを摂取する事ができるサプリメントです。この脂溶性ビタミンCは緩やかに吸収されるため、朝晩に分けて摂取すると良いでしょう。摂取量は1回500mg〜。尚、ビタミンCは過剰摂取の心配はほぼないと思われるので、水溶性ビタミンCの方も摂取しておきましょう。


牡蠣でニキビが治る?亜鉛を補給しよう(別ブログリンク)

貝類は全体としてミネラルが豊富です。そんな貝類の中でも特に牡蠣は栄養価が高く、成長ホルモンの分泌及び蛋白質の合成に関与するとされる亜鉛を豊富に含んでいます。激しい運動をする習慣があったり、ストレス環境にいたりなどすると、亜鉛は不足してしまう事があります。それがニキビに良くない事は明らかであり、牡蠣はそんな場合に補給源として有用です。尚、この記事は移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『牡蠣を食べて亜鉛を補給しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

以下はオススメのサプリメントなどを紹介しています。

ディアナチュラ カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD 180粒

亜鉛だけでなくカルシウムやマグネシウム、ビタミンDもまとめて補う事のできるサプリメントです。この商品は1日6粒目安のため毎食後2粒飲めば良く、過剰摂取のリスクが抑えられています。もちろんこれは栄養の補助です。ミネラルは普段の食事から摂りましょう。
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
亜鉛などミネラルを補う事ができるナッツ類のミックスです。ミネラルをまとめて補給できます。ただしナッツ類は一般的に脂肪・カロリーが豊富なので食べる量には注意しましょう。尚、代謝を落とさないためにはカロリー確保も重要です。
黒ごまきな粉アーモンド220g

ミネラル豊富なゴマ、きな粉、アーモンドの粉末です。
ゴマやアーモンドは亜鉛が多く含まれる食品の一つです。また大豆は蛋白質やマグネシウムを豊富に含みます。ただし糖分には注意しましょう。

過剰摂取によりニキビを悪化させる食べ物は?(別ブログリンク)

顔の皮膚にある血管は細く、その時の血液の状態による影響を受けやすいです。1日2日程度では問題なくても、血液の状態が悪く、それが毎日毎年積み重なれば、肌の健康に悪影響となっている事があり、それに気づきにくいのが厄介です。特に重要なのは血糖値、血圧、血球、水分量、栄養でしょう。

血糖値は糖の多い食事をする事で高くなり、細い血管を詰まらせたり、血管の壁を傷つけます。また血圧にはカリウムとナトリウムの摂取バランスや、血管の弾力性に関わるコラーゲンやビタミンC、更には運動習慣なども関係しています。特にナトリウムの過剰摂取で血圧が高くなり、やはり血管への負担が増えます。

血球についてはそれを作るための必須アミノ酸、ビタミンB群、鉄や亜鉛、水分量などが関係しています。一方、日常的な水分補給や運動習慣なども大きく関係しており、食習慣だけでは改善されません。また栄養については五大栄養素、すなわち糖・必須脂肪酸・必須アミノ酸・ビタミン・ミネラルの摂取です。バランスが重要であり、特定の栄養素や食べ物を食べても、やらないよりマシ程度です。

この他、食物繊維の過剰摂取によるエネルギー不足やミネラル不足、または乳製品に含まれる乳糖の過剰摂取による腸内環境悪化、及び糖の過剰摂取によって起こる糖化による細胞劣化の問題、あるいは脂肪の過剰摂取や運動不足による高コレステロール状態なども、血液の状態に関係しています。これらのように様々な積み重ねが肌の健康に繋がっています。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『過剰摂取により身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性がある食べ物』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。