大豆を食べるとニキビが治る?(別ブログリンク)

肌の健康を維持するためには蛋白質・ビタミン・ミネラルが欠かせません。特にその補給に適しているのが大豆です。大豆には必須脂肪酸、蛋白質(必須アミノ酸)、ビタミンB群、ビタミンK、マグネシウム、カリウムなどがいずれも豊富に含まれており、全体として非常に栄養価が高いです。また過剰な男性ホルモンは皮脂の分泌を促し、ニキビを悪化させると言われていますが、大豆にはイソフラボンが含まれており、性ホルモンの分泌バランスを整える作用もあります。

一方、そんな栄養価の高い大豆でも欠点はあります。例えばビタミンCは殆ど含まれていません。またビタミンE、ビタミンA、カルシウムなども含まれる量が少ないです。つまり完璧ではないので、それらに関しては別途補給が必要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『納豆を食べると身長が伸びる?含まれている栄養素について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


人によっては大豆アレルギーや好き嫌いなどで物理的に食べる事ができない場合もあります。前述のように大豆は全体的な栄養価が高いため、日常的に食べている人と食べていない人では、栄養状態に大きな差が出やすい食品と言えると思います。もし不足が心配される場合には以下のような商品をオススメします。

ちなみに蛋白質なら肉、魚、乳、卵などから、ビタミンB群なら豚肉、ウナギ、各種レバー、魚類の卵、ナッツ類などから、ビタミンKなら緑色野菜などから、ミネラルならキノコ類、海藻類、貝類、ナッツ類などからも補給できます。大豆は栄養価が高いので、そればかりに固執してしまいがちですが、様々な食品を食べた方が栄養バランスは良くなります。

豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)

「レシチン」は大豆製品から抽出されたもので、「アルファGPC」など様々な栄養成分が含まれていると言われています。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにして摂取すると良いと思われます。1日10g程度が目安です。
大豆プロテイン 1kg 無添加

通常のプロテインは牛乳が原料ですが、これは大豆が原料のプロテインです。乳製品が苦手な人、あるいは大豆製品を直接食べるのが苦手な人ではこれを利用して蛋白質を補給すると良いでしょう。1回の摂取量は20〜40g程度が目安です。食事の際に一緒に、あるいは運動後の摂取がオススメです。尚、大豆アレルギーには注意が必要です。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆は蛋白質・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。中でも「ひきわり納豆」はビタミンKが豊富です。1日2〜3パック(1日100gを目安に)食べると良いでしょう。


鶏肉と卵はニキビに効く?(別ブログリンク)

動物性の食品である肉や卵には、蛋白質の材料となる必須アミノ酸がバランス良く含まれています。しかし同時に脂肪も豊富に含まれており、食べ過ぎれば皮脂の分泌を促し、ニキビに逆効果になる可能性もあります。また必須脂肪酸のバランスが崩れる事では、アレルギー症状や炎症反応が強くなる事もあるようです。動物性の食品を食べる場合、基本的には運動とセットになるでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『肉を食べれば身長が伸びる?蛋白質と脂肪を摂取しよう』や『卵を食べれば身長が伸びる?1日1個以上食べよう』などにまとめているのでそちらをご覧下さい。


もし肉や卵などの動物性の食品が苦手だという方は、以下のようなプロテインやサプリメントをオススメします。特にプロテインは必須アミノ酸のバランスが良く、低脂肪なので、アレルギーなどで食べる事が難しい人の補給に適しています。尚、プロテインは蛋白質を摂取するためのもので、それだけではビタミンやミネラルが不足します。別途補給が必要です。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アイソプロ

これは吸収の早いホエイプロテインです。特に「WPI(Whey Protein Isolate)」という方法で作られており、蛋白質以外の不純物が殆ど含まれていません。そのため乳糖によりお腹が緩くなる人も飲む事ができ、特に「余計なものを摂りたくない」人にオススメです。飲むタイミングは基本的に運動直後がベスト、それ以外は普段の食事時に飲むのが良いでしょう。尚、蛋白質以外の栄養素を摂取する事はできないので、他のサプリメントで補給する必要があります。


Amazon商品リンク

ボディウィング 大豆プロテイン

これは大豆由来のいわゆる「ソイプロテイン」です。ソイプロテインはホエイプロテインよりも吸収は遅いものの、カゼインプロテイン(牛乳にはカゼイン蛋白が主に含まれる)よりは速く、ちょうど中間ぐらいの吸収スピードです。よって寝る直前や運動直後でなければ飲むタイミングを選びません。また原材料が大豆という事で大豆由来の有効成分も含まれている上、牛乳由来の成分は一切含まれていないため、乳アレルギーを持っている人や、乳糖でお腹が緩くなるような人にもオススメです。ただし大豆アレルギーには注意が必要です。

ナッツ類はニキビに悪い?(別ブログリンク)

ナッツ類は全体としての栄養価が高く、ビタミン・ミネラルが豊富です。特にビタミンEとビタミンB群、そして各種ミネラルがいずれも豊富で、肌の健康の維持に役立ちます。一方、脂肪も豊富に含まれていてカロリーが高いため、食べすぎると皮脂の分泌を促し、逆効果になる場合もあります。その点には注意が必要でしょう。ただ、それが食事と運動をセットで考えるためのきっかけにはなると思います。その意味では「ナッツ類を食べても問題ない状態にしておく事」こそ重要だと私は思います。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ナッツ類を食べてミネラルと脂肪を摂取しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


栄養の不足が心配される方は以下のような商品を紹介します。ただしナッツ類は食物アレルギーを持つ人もいるかと思います。その場合には他のミネラル豊富な食品で代替する事も可能です。特に海藻類、キノコ類、大豆製品、貝類などがオススメです。

カシューナッツ 1kg
カシューナッツ 1kg
カシューナッツはビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンKなどが含まれる他、特にミネラルの栄養価が高く、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅がいずれも豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではオレイン酸の割合が高いです。
ひまわりの種 500g
ひまわりの種 500g
ひまわりの種はビタミンE、ビタミンB群(特にビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸)、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅がいずれも豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではリノール酸の割合が高い(次点でオレイン酸)です。
アーモンド 1kg
アーモンド 1kg
アーモンドはビタミンB2、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、銅がいずれも豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではオレイン酸の割合が高い(次点でリノール酸)です。
生クルミ 1kg
生クルミ 1kg
クルミはビタミンB1、ビタミンB6、葉酸などを含む他、特にマグネシウムとマンガンを豊富に含んでいます。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではリノール酸の割合が高いです。
ピスタチオ 1kg
ピスタチオ 1kg
ピスタチオは他のナッツ類と同様に様々なミネラルが含まれる他、特にビタミンB1とビタミンB6が豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではオレイン酸の割合が高い(次点でリノール酸)です。
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
亜鉛などミネラルを豊富に含むナッツ類のミックスです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。