間食を上手く利用して栄養を補給しよう(別ブログリンク)

間食と聞くとお菓子を食べるイメージがありますが、ビタミンC、ビタミンB群、必須脂肪酸、マグネシウム、カリウム、亜鉛など、不足しやすい栄養素のために、その機会を効率良く利用すべきです。一方、過剰摂取によりニキビに良くない可能性のある食べ物もあるため、どのような食品を食べれば良いか、よく見極める事が重要です。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『間食を上手く利用し、不足しやすい栄養素を補給をしよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


間食時の栄養補給では以下のような商品がオススメです。ただしあくまで一例です。また糖・蛋白質・脂肪を摂取する場合、運動とセットで考えるべきでしょう。

オリヒロ チュアブルビタミン ビタミンC

おやつ感覚で食べる事ができるタブレットです。
ドライフルーツ フルーツミックス 1kg
ドライフルーツ フルーツミックス 1kg
ビタミンを補う事ができるドライフルーツです。糖分には注意しましょう。
日清シスコ ごろっとグラノーラ充実大豆
日清シスコ ごろっとグラノーラ充実大豆
大豆食品がたくさん使われたグラノーラです。朝食や間食での栄養補給にオススメです。これ自体の糖分や、牛乳の乳糖・脂肪分には注意しましょう。
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
ミネラルを補う事ができるナッツ類のミックスです。脂肪・カロリーには注意しましょう。
ヤマキ 食べる小魚 80g×4個
ヤマキ 食べる小魚 80g×4個
ミネラルを補う事ができます。塩分には注意しましょう。
黒ごまきな粉アーモンド220g

ミネラル豊富なゴマ、きな粉、アーモンドの粉末です。糖分や脂肪分には注意しましょう。
ザバス ホエイプロテイン100 ココア味
ザバス ホエイプロテイン100 ココア味
ココア味のプロテインです。タンパク質の補給にオススメです。尚、蛋白質以外の栄養素は少ないので別途補給が必要です。
UHAグミサプリ ビタミンB群 オレンジ&グレープフルーツ味
UHAグミサプリ ビタミンB群 オレンジ&グレープフルーツ味
ビタミンB群を補う事ができるグミです。糖分には注意しましょう。尚、含まれているビタミンB群の量は少なめです。
オリヒロ MOSTチュアブル マルチビタミン&ミネラル
オリヒロ MOSTチュアブル マルチビタミン&ミネラル
ビタミンやミネラルを補う事ができるタブレットです。尚、これだけではビタミン・ミネラルは不足します。別途補給が必要です。

海藻類でニキビが治る?(別ブログリンク)

海藻類には様々なミネラルが含まれていて、肌の健康を維持するための栄養補給に適しています。特にマグネシウム、カリウム、カルシウム、ヨウ素、などの補給ができ、特にマグネシウムは代謝の補助に、カリウムは水分代謝に、ヨウ素は甲状腺ホルモンの分泌に必要です。

一方、海藻類は塩分すなわちナトリウムも多く含まれており、海藻類だけでミネラルを補給しようとすると、塩分過多になってしまいます。そのため海草類を食べる場合、カリウムを含む他の植物性の食品、例えば芋、緑黄色野菜、果物などを一緒に食べ、バランスを取る必要があるでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『海藻類を食べてヨウ素などミネラルを補給しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ここではオススメのサプリメントを紹介しています。尚、ミネラルは大豆製品、ナッツ類、キノコ類、貝類、甲殻類、小魚類などからも補給する事ができます。海藻類だけに固執する必要は全くありません。多種多様な食品を食べた方が全体の栄養バランスは良くなります。一方、好き嫌いやアレルギーなどがある場合、必要に応じてサプリメントを利用すべきです。食事だけで栄養素を摂取するのは難しいので、決して無理をする必要はありません。

大塚製薬 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

これはカルシウム、マグネシウム、亜鉛をまとめて摂取する事ができるサプリメントです。毎食時に1粒ずつ摂取すれば良いでしょう。
小林製薬 ヘム鉄 葉酸 ビタミンB12

細胞に酸素を運ぶヘモグロビンに必要な鉄と銅、鉄の吸収を促すビタミンC、赤血球を作るのに必要なビタミンB6、ビタミンB12、葉酸をまとめて補う事ができるサプリメントです。これらは成長期や女性では不足しやすいため、意識的に摂取しても損はありません。尚、このサプリメントは1日3粒目安のため、毎食時に摂取して補う事ができます。

よく噛んで食べる事は肌にも歯にも良い(別ブログリンク)

よく噛んで食べると唾液が分泌されます。唾液には消化酵素が含まれており、これによって糖が少しだけ分解されます。その状態で胃腸に運ぶ事で、消化吸収がしやすくなり、糖の吸収が緩やかになります。このため血糖値の上昇が緩やかになり、胃腸への負担を軽減、更に血管への負担も減らす事ができます。これが肌の健康にも繋がる可能性があります。

またよく噛んで食べる事では、特に成長期では顎の発達を促し、歯並びを改善します。これにより顔の皮膚が緩みにくくなるため、血流が改善され、これによっても肌の健康に良い影響を与える可能性があります。小さい頃からよく噛んで食べる習慣を身につけておくべきでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『「よく噛んで食べる」の積み重ねが身長を伸ばす』にまとめているのでそちらをご覧下さい。