ビタミンAはニキビに良い?(別ブログリンク)

ビタミンAには強い抗酸化作用があります。特に目や鼻、喉など「粘膜」の健康を維持するために必要なビタミンと言われています。俗には「目に良い」と認知されていますが、これは視細胞の構成要素になっているからです。つまり摂取が視力向上に繋がる訳ではありませんが、摂取の積み重ねは加齢による視力の低下を緩やかにするために必要と思われます。

もちろん肌の健康を維持するためにも必要です。酸化は正常な蛋白質の合成を阻害しますから、その不足はニキビを治りにくくするでしょう。一方、ビタミンAはレチノールとβ-カロテンに分けられ、効力の強いレチノールでは過剰摂取の懸念が、しかしβ-カロテンは効力が弱いため、それだけだとビタミンAとしては不足する事があります。上手くバランスを考えて摂取する事が重要でしょう。

尚、当記事の内容は移転しました。詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ビタミンAの作用は?摂取方法について考える』をご覧下さい。


ここではビタミンAを摂取する事ができるサプリメントを紹介しています。そのようにビタミンAは効力の強いレチノールの摂取を基本とし、必要に応じてβ-カロテンを補給します。レチノールは動物性の食品、肉、魚、卵、乳から摂取できます。特にレバーがオススメです(数日おきにすれば過剰摂取の心配はない)。一方、β-カロテンは緑黄色野菜から摂取できます。特にニンジンが代表的です。それらが苦手な場合、必要に応じてサプリメントを利用しましょう。


Amazon商品リンク



NOW Foods ベータカロテン

これはβ-カロテンを補う事ができる海外製のサプリメントです。容器には1日1粒目安と書かれています。レチノールと違って過剰摂取のリスクは低いですが、日本で売られているβ-カロテンのサプリメントと比べれば、1粒当たりの含有量が多いです。念の為にも用法用量はしっかりと守るようにしましょう。



ニキビにマグネシウムが効く?(別ブログリンク)

マグネシウムはミネラルの一種で、神経伝達や代謝を補助する役割があります。特に酵素の合成に必要で、糖・タンパク質・脂肪の代謝を補助するために必須です。その酵素の数は数百種類にも及ぶと言われています。またそのように神経伝達でも重要で、筋肉の収縮を制御したり、あるいは脳においては神経伝達をスムーズにします。この事から俗にリラックス作用があるなどと言われる事もあります。


一方、マグネシウムは元々の吸収率が悪いため、人によっては食品からはもちろん、サプリメントからも別途補給が必要と思われます。特にマグネシウムは皮膚からも吸収させる事ができると言われています。これはニキビに効くという事ではありませんが、そのように摂取する手段を分散させ、少しずつ摂取するという事が重要になると思います。


尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『マグネシウムで身長が伸びる?摂取方法について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。




もしマグネシウムの不足が心配される方は以下のような商品をオススメします。内容量の多いサプリメントでは下痢をしやすいので、ここでは量の調節が容易な商品を紹介しています。また前述のようにマグネシウムは皮膚からも吸収させる事ができると言われているため、入浴剤も合わせて紹介しています。ただしあくまで食品からの摂取が基本です。サプリメントだけに頼るべきではありません。








超高濃度マグネシウム 50ml

これはマグネシウムを補う事のできるサプリメントです。飲み物に溶かして利用する事ができます。マグネシウムは過剰摂取により下痢しやすいですが、これは量の調節が簡単です。容器によると1ml(10滴)で100mg前後のマグネシウムが摂取できます。最初はそれよりも少ない量から始めてみて、少しずつ慣らしていくと良いと思います。ただし多くても2ml(20滴)までで留めましょう。
エプソムソルト


これは「硫酸マグネシウム」を含む入浴剤です。これをお風呂のお湯に溶かし、それに浸かる事で、皮膚からマグネシウムを吸収させる事ができると言われています。尚、顔まで浸かるのも良いですが、念のため目は開かないように注意しましょう。また1回に使用する量の目安は150cc〜です。大量に使ったからと言って全てが吸収される訳ではありません。

美容に良い?とされる少しマイナーな栄養素まとめ

ここではカルシウムやビタミンCなどと比べれば少しマイナーな栄養素について、それぞれの効果を簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事で解説している栄養素は以下の通りです。その他の栄養素については過去記事をご覧下さい。

●プラセンタ
●ヒアルロン酸
●コエンザイムQ10
●セラミド
●アスタキサンチン

ただし当記事はあくまで「その成分にはどのような効果が期待できるのか」という事を主なテーマとしており、掲載しているサプリメントは基本的に意識的な摂取は必要ないものです。何故このような事を言うのかというと、当記事で紹介している栄養素は特定のビタミンやミネラルなどとは違って「必須栄養素」ではないからです。もし利用する場合には自己責任でお願いします。

「美容に良い?とされる少しマイナーな栄養素まとめ」の続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。