ニキビ跡の治療法についての適当まとめ

この記事では実際に美容皮膚科にてニキビ跡を治療する事になった場合の治療法について私なりにまとめています(2017年記事作成)。尚、私は医者ではありませんのであしからず。あくまで参考程度に留めておく事を強くオススメします。

ケミカルピーリングとは?

ピーリングとは皮膚の表面にある古い皮膚や皮脂などを溶かして柔らかくし、それを取り除く事で皮膚の新陳代謝を促す方法です。美容皮膚科で行うピーリングは市販されているピーリング剤とは比べ物にならないほど強力なものを扱うため、薬剤にもよりますが皮膚表面だけでなく皮膚の奥まで効果を浸透させる事ができます。それによってニキビ跡の治療を可能にします。価格は顔全体で1万5千円前後〜です。

ただし炎症が起こりやすいため、敏感肌の人では過剰な反応を上手く抑えながら治療を続ける必要があります。また外界からの細菌やウイルスなどの一部、あるいは紫外線などに対する防御力が一時的に低下するため、そういった部分でのケアも必要になります。もちろん乾燥もしやすくなるため、念入りな外側からの保湿、及び水分・栄養補給などの内側からの保湿も重要です。

ちなみに変わった方法としては、吸引しながら酸化アルミナ?を肌に吹き付け、皮膚表面の古い皮膚や皮脂を取り除く「マイクロダーマブレージョン」などという方法もあります。こちらはピーリングとは違って刺激が少ないとされていますが、その分、皮膚の奥までの効果は低くなります。


「アイソレイズ(光治療)」とは?

アイソレイズは皮膚を吸引しながら特殊な光を照射し、皮膚の奥にある細胞の新陳代謝を促すとされる方法です。それによって皮膚の奥にあるニキビ跡の治療が可能になります。ピーリングのように皮膚の細胞を直接傷つけるものではないため、もちろん人にもよりますが、比較的敏感肌の人でも行う事ができるそうです。

ただし照射する光には様々な種類があり、治療を行う際には特にニキビ跡に有効な治療を行う事ができる機器が必要になります。例えばフォトメディカル、フォトフェイシャル、LED、ブロードバンド、クロモライト、オーロラなど様々な名前があり、これは病院によってまちまちです。そのため、より質の高い機器を利用できる病院選びも重要になるかと思います。価格は病院やその機器にもよりますが、1箇所5千円前後〜です。尚、「フラクショナルレーザー」のように肌を削るタイプのものもあり、その場合、価格は倍以上となります。

ちなみにレーザー以外では「ニキビ跡を消す」というよりも、どちらかと言えば「皮膚の奥で起こっている炎症や色素沈着を抑え、その他の治療をスムーズに行う」ために行うものです。よってニキビ跡を治すためには、基本的に他の治療法も併用する必要があります。


イオン導入とは?

イオン導入とは、効果の高い美容液(病院で独自に作られたビタミンC誘導体など)を塗って微弱な電流を流し、その美容液成分(イオン化する)を皮膚の奥にまで浸透させるという方法です。皮膚は粘膜ではないので分子の大きいものほどを吸収率は低くなります。そのため市販されている安価な美容液では皮膚の奥まで届かず、ニキビ跡の根本的な解決になりません。しかしこの方法を利用すれば、本来は吸収されにくい成分も皮膚の奥まで吸収させる事ができると言われています。価格は病院や注入する薬剤にもよりますが、顔全体で1万円前後〜です。

ただし、やはりこれも「ニキビ跡を消す」というよりは「ニキビの治りを良くする」ためのものであり、ニキビ跡を消すためには他の治療法を併用する必要があります。ちなみにより効果の高い「エレクトロポレーション(電圧をかけ、一時的に皮膚の奥に栄養を通す隙間を作る)」という方法もあります。


針治療とは?

筋肉や関節の痛みを取る治療に「鍼」がありますが、これはそれではなく「針」による治療です。極細の針を使って皮膚に極細の穴を空け、そこから効果の高い薬剤を直接注入します。それによって新陳代謝を促し、皮膚の奥にある局所的なニキビ跡を改善させる事ができると言われています。名前としてはダーマローラーやダーマペン、マイクロニードルなどがあります。価格は病院や注射する薬剤の種類にもよりますが、1箇所2万円前後〜とやや高めです。

尚、注射するという意味ではヒアルロン酸注射、PRP治療(自分の血液から作った血漿を注入)、FGF注入(細胞増殖因子)なども同じですが、針の大きさ、薬剤、その効果は異なります。


ニキビの保険治療について

ニキビ跡の治療に関しては美容目的になるため、基本的に保険治療を受ける事はできません。よって上記のような方法は病院側が自由に価格を設定する事ができ、頻繁に治療を受けないにしても、続けて行えば出費はかなりのものになります。一方、ニキビ跡ではない「現在進行中のニキビ」に関しては、保険治療を受ける事ができます。つまりニキビは酷くなる前に治療を受ける事が重要です。

保険治療を受ける事ができる方法としては「ディフェリン、アダパレン、ベピオ」などの薬剤を塗る方法です。これはケミカルピーリングよりも効果は低くなるため、皮膚の奥にあるニキビ跡までは改善できませんが、市販されているピーリング剤よりはかなり高い効果を発揮する事ができるピーリング方法です。それによって個人でピーリングを行うよりも安価で、皮膚表面の凹凸を改善する治療が可能になります。もちろんその際には炎症を抑える薬を併用し、また保湿を行いながら治療を行う必要があります。価格も2千円前後〜と個人で色々試すよりも安価です。

尚、より効果の高い「トレチノイン(アダパレンと類似成分だが効果がより強力で、副作用も大きい)」による治療もあり、こちらは保険治療の範囲外となりますが、前述したような治療法と比べれば安価(病院では3千円前後)で治療を受ける事ができます。余談ですが、このトレチノイン、輸入という形であれば海外から購入して利用する事ができます。ただし個人で行う場合には自己責任になります。


★当ブログ内関連記事一覧

成長ホルモンとIGF-1、ニキビ改善には肝臓も重要

ここではニキビを治すために必要な「成長ホルモン」と「IGF-1」というワードについて、私なりに考えた事を書いています。尚、詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『骨端線・成長ホルモン・IGF-1について』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

そもそも成長ホルモンとは?

成長ホルモン(ヒト成長ホルモンの事。略称はhGH)は細胞を複製、増殖、修復などを促す作用があると言われています。特に思春期前後においてその分泌が活発になり、それが骨に対して作用する事で身長を伸ばす事ができます。

また成長ホルモンには血糖値を上昇させる作用もあります。これにより体内の糖が枯渇した時、あるいはインスリンの作用によって血糖値が下がり過ぎてしまった時、成長ホルモンの分泌を促す事で血糖値のバランスを取ると言われています。

尚、成長ホルモンはストレスを受ける事で分泌量が増えます。そのため適度なストレスは成長ホルモンの分泌を促し、ニキビにも良い影響を与えます。しかし過度なストレスにより分泌量が増えすぎると、必要以上に細胞の成長を促す事があります。このため「過度なストレス→成長ホルモンの過剰分泌→ニキビを悪化させる」・・・という悪循環に陥る事もあります。思春期前後ではそれが起こりやすく、これがニキビの原因になっている人もいます。成長ホルモンは増えれば増えるだけ良いという訳でもないのです。


成長ホルモンの分泌を促すアルギニン

成長ホルモンは様々なホルモンによってコントロールされていますが、その分泌を促す「ソマトクリニン」というホルモンがあります。このソマトクリニンは様々な種類のアミノ酸で構成され、特に「アルギニン」というアミノ酸が深く関与していると言われています。「成長ホルモンの分泌にアルギニンが良い」とよく言われるのはこれがあるからです。

尚、そんなソマトクリニンは、深い眠りの「ノンレム睡眠」の時に分泌が促されると言われています。つまり成長ホルモンの分泌にはアルギニンの摂取と、睡眠習慣の改善、及び睡眠環境の改善などが重要になるでしょう。ただしアルギニン自体は必須アミノ酸から体内合成でき、成長期でない限りサプリメントからの摂取は特に必要ないものです。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アルギニン 200g

これはアルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては、1〜2gを小分けにし、間食時など特に空腹時に摂取すると良いと思われます。他、運動前、起床直後、寝る前などの摂取も可能です。尚、1日にどれだけアルギニンを摂取すべきか?については様々な説がありますが、いずれも明確な根拠はありません。


「IGF-1」と肝臓について

成長ホルモンは脳下垂体から分泌された後、一旦「肝臓」へ向かい、そこで「IGF-1(インスリン様成長因子)」に変換されます。実はこの「IGF-1」こそが全身へ作用する事で細胞の成長を促すのです。よって成長ホルモンの分泌を整える事はもちろんですが、肝臓の働きを正常化する事も重要になります。

肝臓は糖、脂肪、蛋白質をエネルギーへと変換したり、血液を綺麗に保つ浄化作用などを持っている臓器です。しかし元々の能力が高いために、一部の肝臓の機能が低下したとしても、「機能が低下した」という自覚症状が出ません。つまり自分が気づかぬ内に肝臓の機能が低下しているという事が、実は結構多いのです。それがニキビの原因になるという事も十分考えられる事です。

肝臓の機能を低下させる大きな原因はやはり不規則な生活習慣・・・なのですが、実は「急激な食事の変化」も肝臓の機能を低下させる原因になる事があります。ここで言う「急激な変化」とは単に暴飲暴食の事だけではなく、例えばニキビを治すためにと特定の食品・特定の栄養素ばかりを摂取したり、逆に何かを極端に制限する事が該当します。特に肝臓は要求されるエネルギーが大きく、極端な食事制限は肝臓の機能を大きく低下させます(食事量が少なくなる事で肝臓の処理量が減るため、肝臓の機能が低下しているという事を自覚できない)。

他、ビタミンB群(酵素の働きを補助する補酵素としての役割・腸内細菌でも合成可能=腸内環境の改善もニキビに効果的)の不足、睡眠不足、運動・勉強のし過ぎ、過度なストレス、病院処方の薬やサプリメントの飲み過ぎ、アルコール・タバコなどによっても肝臓の機能は低下する事があります。細かいですが注意すべきでしょう。


★当ブログ内関連記事一覧

ニキビに影響を与える甲状腺ホルモンについて

甲状腺ホルモンは新陳代謝を促す働きのあるホルモンで、その分泌はニキビにも影響を与えると言われています。この記事ではそんな甲状腺ホルモンについて私なりに考えた事を書いてみます。尚、詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『身長の伸びに影響を与える甲状腺ホルモンについて』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

甲状腺ホルモンの役割について

甲状腺ホルモンは喉仏の下辺りに位置している「甲状腺」から分泌されるホルモンの一種です。ほぼ全ての細胞にはこの甲状腺ホルモンの受容体があるとされ、「古くなった細胞を取り除き、細胞を新しく作り変える」という「新陳代謝」の過程をスムーズにする役割があると言われています。特に蛋白質の合成に必要不可欠なため、「ニキビを治す」上でも非常に重要なものです。

また甲状腺ホルモンはそれを受け取った細胞のエネルギー代謝を活発化させる役割もあります。これも新陳代謝を促すためで、これにより単純に「基礎代謝」が上がる事になります。基礎代謝が上がるという事は糖、脂肪、蛋白質の代謝が上がるという事です。これにより脂肪の代謝が改善され、皮膚の形成や皮脂の分泌を改善する事ができると思われます。


甲状腺ホルモンの分泌を促すためには

甲状腺ホルモンは脳下垂体から分泌される「甲状腺刺激ホルモン」によって分泌、またその「甲状腺刺激ホルモン」は視床下部から分泌される「甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン」によって分泌されます。この内、視床下部は大脳と中脳の間にある「間脳」という場所にあり、ここは自律神経の中枢です。自律神経は「活動」の交感神経と「鎮静」の副交感神経から成り立っており、特にストレス反応において重要な役割を持っています。すなわち例えば過度なストレスを受ける事で自律神経が乱れると、甲状腺ホルモンの分泌にまで悪影響を及ぼす事がある訳です。ニキビを治すにはストレスコントロールが重要です。

尚、甲状腺ホルモンはアミノ酸の一種である「チロシン」と、ミネラルの一種である「ヨウ素」から作られています。チロシンは必須アミノ酸の一種である「フェニルアラニン」から合成されます。必須アミノ酸は蛋白質を多く含む食品(肉、魚、卵、乳、大豆)から摂取されるので、それが制限されると材料が不足する事があります。またヨウ素は海産物全般に含まれるミネラルで、日本人は摂取機会に恵まれていますが、食習慣によってはこれも不足する事があります。


甲状腺ホルモンの機能を低下させる病気に注意する事

甲状腺ホルモンの分泌を低下させる病気では、先天的に甲状腺機能が低下する「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)」と、少し後になって症状が出る「後天性甲状腺機能低下症」があります。この内では、後天的に低下するケースの方が少なく、8割が先天的なケースと言われています。また一般的に女性の方がこのような病気にかかりやすいという統計があるようです。

後天的に甲状腺の昨日が低下する場合、例えば今まで順調に身長が伸びてきた人では、その成長スピードが急に遅くなる事があります。前述のように甲状腺ホルモンはあらゆる細胞へ影響を与えるので、甲状腺ホルモンの分泌が悪くなると、細胞がエネルギーを得られず、そのように全身にある様々な細胞・様々な機能が低下する事になるのです。当然ニキビの治りも遅くなるでしょう。

他では代謝異常が起こる事で全身あるいは体のどこかがだるく感じたり、水分代謝が低下する事でむくんだり、記憶力や集中力の低下などが起こる事もあるようです。そこですぐに気づく事ができれば治療によって改善しますが、これらの症状は風邪と誤認する事も多く、見逃される事もあるので注意すべきです。できるだけ早く気づき、治療を開始(内分泌科などを受診)しましょう

ちなみにですが、逆に過剰に分泌される病気もあり、有名なのは「バセドウ病」です。甲状腺ホルモンの役割を考えると分泌量が増えた方が良いように思いますが、そのように甲状腺ホルモンはあらゆる細胞へ作用するので、臓器などが活性化されすぎ、それによる様々な症状が出ます。人によっては性格まで変わってしまう人もいるようです。


★当ブログ内関連記事一覧

口呼吸を鼻呼吸にすればニキビが治る?ニキビと歯並びの関係

顔で起こるニキビなどの肌トラブルには、「口呼吸をする癖がある」事が少なからず関係していると私は考えています。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。

口呼吸は顔の皮膚を弛ませ、肌トラブルの原因になる事がある

人は鼻または口で呼吸を行う事ができ、鼻を使った呼吸を「鼻呼吸」、口を使った呼吸を「口呼吸」と言います。この内、鼻呼吸はそのまま行う事ができますが、口呼吸は口を開いた状態で呼吸しなければならず、これによって口の周りにある筋肉が常に緩んだ状態になります。それが日常生活で習慣化すると顔の筋肉が衰え、血流の悪化から、皮膚の栄養状態や酸素の配分が悪くなる事があります。それが「ニキビができやすい」「ニキビが中々治らない」などの肌トラブルの原因に繋がるのです。

口呼吸になってしまう原因としては、小さい頃からの習慣で口呼吸が癖になっているか、様々な原因で口呼吸せざるを得なくなっている事が原因として考えられます。口呼吸が癖の場合、意識して普段から鼻呼吸するよう注意し続ければ改善される事もありますが、特に睡眠中では意識して口を閉じる事はできないため、小さい頃からそのような癖がある人ほど直すのは容易な事ではありません(唇にテープを貼る、マウスピースをはめるなどあるにはあるが、強引な方法であり、根本的な解決にならない事がある)。一方、何らかの原因で口呼吸せざるを得ない場合、例えば鼻炎や肥満などによって鼻呼吸が苦しい人では、それを改善すればそれだけで鼻呼吸ができるようになる事も多いです。鼻や喉の状態が良くなければ耳鼻咽喉科へ、肥満の場合は減量しましょう。

ちなみに何故肥満によって鼻呼吸がしづらくなるのかというと、首の周りについた脂肪が重みとなり、寝ている時に気道が圧迫されてしまうからです。それによってイビキもかきやすくなりますし、人によっては「睡眠時無呼吸症候群(睡眠中に呼吸が停止し脳が酸欠になる)」などにもなる事があります。そうなると十分な睡眠時間にも関わらず深い睡眠を取る事ができなくなり、ニキビだけでなく心身の全体の健康に悪影響を及ぼすでしょう。


口呼吸が習慣化すると歯の健康が損なわれる事がある

前述のように口呼吸では唇及び口の周りにある筋肉が衰えます。それによって食べ物を噛むための力も弱くなり、歯を均等に使う事ができなくなります。それが積み重なると、上の歯と下の歯の高さや位置が次第にずれていき、いわゆる「歯並び」を悪化させる事があります。

特に「口呼吸+口の周りの弛み」と合わさると最悪なのが「舌癖」です。舌癖はそのまま「舌の癖」の事で、例えば言葉を発したり食べ物を飲み込んだり、あるいは何か大きな力を発揮する際、例えば舌で歯を押すなどの癖を持っている人がいます。その癖が積み重なると前歯が前へずれていく事があり、それによって口を上手く閉じる事ができなくなり、更に唇や口の周りは緩みやすくなります。これが口呼吸や肌荒れを悪化させる原因になるのです。

また口呼吸及び歯並びの悪化によっては、口の中が乾燥し、菌が繁殖しやすくなります。前述のように口が開きっぱなしになるからです。その状態で糖の多い食事をする習慣があったり、歯磨きが上手くできていなかったり、あるいはストレス環境にいたりすると、それが虫歯、歯周病、口臭などの原因にもなる場合もあります。更には乾燥する事によって粘膜の防御力が低下し、ウイルスが体内へ入りやすくなり、免疫力が低下、風邪も引きやすくなります。そのような意味でも鼻呼吸を習慣づけるべきです。


歯並びがストレスの原因になる事もある

「顔の筋肉を使わない」という意味では、普段から物静かで表情の変化がなかったり、人見知りであまり人と喋らないような事も、実は肌荒れに影響する事があります。そのような人では自分から意識的に顔の筋肉を動かしたり、口を閉じたまま生活をする意識を普段からしておくと良いでしょう。

尚、そういう人は元々ストレス体質の人も多く、一般的に知られているようにストレスはニキビを悪化させます。またストレスが原因でニキビが悪化する、あるいはニキビが原因でストレスが増えるという事は分かると思いますが、歯並びが原因で生まれたストレスがニキビを悪化させるという事も十分に考えられます。真にニキビを治したいのであれば、歯並びも同時に直していきべきだと考えます(前述してきたのは口呼吸や顔の筋肉が衰える事による肌への悪影響、ここで言っているのは別のストレスがニキビを悪化させるという事。他にもニキビとは全く関係ないような事でも、ストレスを避ける事でニキビが治る事もある)。

ちなみにですが、歯並びはそのように小さい頃からの習慣によって少しずつ変化していくものです。そういう意味では大人になってからでも歯並びは変化する事があり、口呼吸を鼻呼吸にする事、舌癖を直す事、よく噛んで食べる事などを習慣づける事は、大人になってからでも決して遅くはありません。一方、自力で歯並びを変化させるにも限界はあり、例え良い習慣を積み重ねたとしても、歯並びが良くならない場合もあります。その場合、歯科にて歯列矯正が必要になります。歯列矯正は基本的に保険適用外(先天的なものや骨格の問題など外科的な手術を要するものは除く)なので非常に高額です。そうならないよう、繰り返しになりますが、やはり小さい頃からの積み重ねが重要です。


★当ブログ内関連記事一覧