ニキビにマグネシウムが効く?その摂取方法や効果等について

マグネシウムはミネラルの一種で、心身の健康を維持する上で必要不可欠な栄養素です。しかし食品からでも元々の吸収率が悪いため、摂取方法には工夫が必要です。この記事ではそんなマグネシウムについて、その役割と摂取方法を私なりにまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『マグネシウムは筋肉に良い?その効果と摂取方法』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

骨はカルシウムだけでは作る事ができない

マグネシウムはカルシウムと共に骨の強度を高める役割がある他、確認されている中でも数百種類にも及ぶ酵素の働きを補助しており、特に「蛋白質の合成」を助ける役割があると考えられています。またマグネシウムは神経伝達にも関与し、筋肉の収縮を制御する役割があります。そのため汗をかくなどして一時的にでも不足すると、体温調節が上手くできなくなったり、筋肉の痙攣(いわゆる足が攣る等)などが起こる事があります。この他、免疫機能に関与するとされ、炎症反応を制御したり、脳内の神経伝達にも関与していると言われています。

マグネシウムは元々の吸収率が悪い?

マグネシウムは食品からでも元々の吸収率が悪いと言われています。このためマグネシウムは一度に大量に摂取するのではなく、毎食時及び毎日少しずつ摂取する事が重要になります。またこれは個人差が大きいのですが、一度に大量のマグネシウムを摂取すると下痢をしやすいと言われています。食品では稀ですが、サプリメントではそのリスクが高いものと思われます。マグネシウムはサプリメントを利用し、必要に応じて補うべきですが、摂取量には注意が必要です。

ちなみにマグネシウムは皮膚からも吸収させる事ができると言われており、最近ではマグネシウムを含有する入浴剤、スプレー、シップ、クリームなどの様々な商品が販売されています。そうして摂取する手段を分散させる事も重要です。

マグネシウムを多く含む食品について

マグネシウムを多く含む食品としては、特に大豆製品とナッツ類が圧倒的です。その他では小魚類、貝類、甲殻類、キノコ類、海藻類などにも多く含まれています。それらを毎食時に食べるようにしましょう。そしてやはり必要に応じてサプリメントを利用すべきです。

マグネシウムを含むオススメの商品について

もしマグネシウムの不足が心配な場合は以下のような商品をオススメします。特に内容量の多いサプリメントでは前述のように下痢をしやすいので、ここでは量の調節が容易な商品を紹介しています。またマグネシウムは皮膚からも吸収させる事ができると言われているため、ここでは入浴剤も合わせて紹介しています。ただしあくまで食品からの摂取が基本です。


超高濃度マグネシウム 50ml

これはマグネシウム単体を補う事のできるサプリメントです。飲み物に溶かして摂取する事ができます。前述のようにマグネシウムは過剰摂取により下痢しやすいですが、これは量の調節が簡単なのでオススメです。容器によると1ml(10滴)で100mg前後のマグネシウムが摂取できるようです。最初はそれよりも少ない量から始めてみて、少しずつ慣らしていくと良いと思います。ただし多くても2ml(20滴)までで留めましょう。
エプソムソルト

これは「硫酸マグネシウム」を含む入浴剤です。お風呂のお湯に溶かして浸かる事で、皮膚からもマグネシウムを吸収させる事ができると言われています(顔まで浸かるのも良いが、念のため目は開かないように注意する)。尚、1回に使用する量の目安は150cc〜です。大量に使ったからと言って全てが吸収される訳ではないので注意しましょう。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆は蛋白質、必須脂肪酸、マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンKをいずれも豊富に含んでおり、栄養価の高い食品の一つです。特にひきわり納豆はビタミンKに秀でています。