ニキビを治すための顔筋トレーニング簡易まとめ

せっかく睡眠習慣や食習慣を改善しても、顔の皮膚へしっかりと血液、酸素、栄養が運ばれなければ意味がありません。ここでは顔の血流を促すための顔の筋肉(顔筋)を鍛えるトレーニングについて、私なりに考えた事を簡単に書いています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

顔筋トレーニング一覧

顔の筋肉を鍛えるトレーニングです。普段あまり表情に変化がない人では顔の筋肉を動かす機会が減るため、顔の皮膚への血流が滞っている事があります。せっかく睡眠習慣や食習慣に気をつけていても顔の皮膚にしっかり血液が送られなければニキビは治りません。意識的に顔の筋肉を動かすトレーニングを行いましょう。


●目の周辺にある筋肉を鍛えるトレーニング
1.鼻の下の部分を伸ばすようにして口を空け、眉毛を持ち上げる。
2.その状態を維持したまま、無理やり頬を持ち上げて笑顔を作ろうとする。
3.すると目尻にある筋肉と頬にある筋肉が近づき「五木ひろし」のようになる。
4.1を維持したまま頬の力だけを抜く。
5.1を維持したまま2〜4をゆっくりと繰り返す。
(応用編:1を維持したまま2〜4を左右別々に行う)


●頬にある筋肉を鍛えるトレーニング
1.口を閉じたまま「い」を言うイメージで口を横へ広げる。また舌全体を上顎に密着させておく。
2.それと連動するように笑顔を作って頬を持ち上げる。
3.口を閉じたまま力を抜いて頬を下げ、同時に今度は唇をできるだけ前に突き出す。
4.1を維持したまま2〜4をゆっくりと繰り返す。
(応用編:2を左右の頬で別々に行う)


●おでこにある筋肉を鍛えるトレーニング
1.目だけを見開き、正面にある何かを強く凝視する。
2.そのまま眉毛をできるだけ持ち上げる。
3.続いて眉毛を目一杯下げて眉間にしわを寄せる。
4.1を維持したまま2〜3をゆっくりと繰り返す。
(応用編:それを左右の眉毛で別々に行う)


●舌の筋肉を鍛えるトレーニング(口呼吸・歯並び・口周囲の弛み改善のため)
1.上の歯の表面を左の奥歯から順番に舌で触り、そのまま右の奥歯まで行く。
2.同じように右の奥歯から左の奥歯まで行く。
3.今度は下の歯の表面を左の奥歯から順番に舌で触り、そのまま右の奥歯まで行く。
4.同じように右の奥歯から左の奥歯まで行く。
5.1〜4をゆっくりと繰り返す。


●顎の下(首の前側)にある筋肉を鍛えるトレーニング(歯並び改善のため)
1.口を大きく空け、首(背中は動かさず首だけ)を後ろへそらし、顔ごと天井を見る。
2.頭の位置をできるだけ変化させないように下顎だけを全力で上に突き出す。
3.すると顎の筋肉が緊張し、また首の前側にある筋肉がストレッチされる。そのまま少しキープ。
4.突き出した顎を元に戻す。
5.1を維持したまま2〜4をゆっくりと繰り返す。