成長ホルモンとIGF-1について

ここではニキビを治すために必要不可欠な「成長ホルモン」「IGF-1」というワードについて、私なりに考えた事を書いています。やや長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ

「ヒト成長ホルモン(hGH)」について

思春期前後になると脳にある脳下垂体という場所から「ヒト成長ホルモン(hGH)」が分泌されます。これがいわゆる「成長ホルモン」です。もちろん成長ホルモンというのは思春期以前も分泌されていますし、思春期を過ぎた大人になってからも分泌されています。何故なら成長ホルモンは「あらゆる細胞を増殖、修復、再生させるために必要」だからです。ですので例えばニキビができて肌が傷いた時に、成長ホルモンが分泌されていればしっかりとニキビは治ります。

しかしその成長ホルモンは他のホルモンによってコントロールされています。それが「ソマトクリニン(GHRH)」と「ソマトスタチン(SST)」です。簡単に言えばソマトクリニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあるホルモンで、逆にソマトスタチンは成長ホルモンの分泌を抑制する働きがあるホルモンです。これらのホルモンが分泌される事で、成長ホルモンの分泌量が極端に減ったり過剰に分泌されたりするのを防いでいます。成長ホルモンが少ないのは「悪い」という印象がありますが、かと言って分泌量が増えすぎても良くありません。何らかの原因でソマトクリニンやソマトスタチンの分泌が不安定になると、その影響を受けて成長ホルモンの分泌も不安定になります。成長ホルモンの分泌は少なくてもニキビの治りを悪くしますし、多すぎてもニキビが増えて治りにくくなってしまいます。


成長ホルモンの分泌を促すアルギニンと亜鉛

成長ホルモンの分泌を促すソマトクリニンは様々な種類のアミノ酸で構成されており、特に「アルギニン」というアミノ酸が強く影響するとされています。成長ホルモンの分泌にアルギニンが良いとよく言われるのはこれがあるからです(別記事参照→アルギニンについて)。尚、ソマトクリニンは浅い眠りのレム睡眠の時に分泌が促進され、それによって成長ホルモンの分泌が促されると言われています。また成長ホルモンの分泌には亜鉛というミネラルも必要です。

もちろんソマトクリニンも前述した成長ホルモンの分泌を抑制するソマトスタチンも、成長ホルモン自身も分泌は脳から行われる事です。ですのでこれらのホルモンバランスを整えるためには脳が正常に機能していなければなりません。既に他の記事でも説明していますが、最低限我々のできる事は規則正しい生活習慣を続ける事、特に睡眠、食事、運動という3つの習慣を改善する事です。その積み重ねが脳を正常に機能させる事に繋がります。別記事参照→自律神経を整える


「IGF-1」と肝臓について

少し話が脱線しますが、成長ホルモンと言えば「身長を伸ばす」ためにも必要なホルモンです。しかし実は成長ホルモンはそのままの形で細胞へ伝わる訳ではありません。成長ホルモンは脳から分泌された後、一旦「肝臓」で「IGF-1(インスリン様成長因子)」というホルモンに変化します。この「IGF-1」が骨にある骨端線(骨を作る細胞が活発な場所)に作用する事で骨端線にある骨を作る細胞が活性化するのです。それによって新しい骨を作り出す活動が促され、骨が縦に伸び、身長が伸びます。

肝臓は糖や脂肪、タンパク質をエネルギーへと変換したり、血液を常に綺麗に保つ浄化作用などを持っている非常に処理能力の高い臓器です。健康に生きる上でなくてはならない臓器の一つですね。しかしその元々持っている処理能力が高すぎるために、仮に肝臓の機能が低下していても「機能が低下した」という自覚症状がほとんど出ません。ですので自分が気づかぬ内に肝臓の機能が低下しているという事が実は結構あるのです。

その肝臓の機能を低下させる大きな原因となるのはやはり不規則な生活習慣・・・なのですが、実は「急激な食習慣の変化」も肝臓の機能を低下させる原因になります。「ニキビを治す」という点においては、食習慣を改善しようと栄養価の高い食べ物を大量に食べるという事をする人も多いと思います。しかしいきなり大量の栄養を摂ってもそれを処理できなければ意味がありません。普段栄養を摂っていない状態でいきなり栄養をたくさん摂ったら臓器には大きな負担がかかります。臓器は小さい頃から少しずつ食事の量を増やす事で「育てる」事が重要なのです。尚、ビタミンB群の不足、暴飲暴食、栄養過多、睡眠不足、運動及び勉強のし過ぎ、過度なストレス、病院処方の薬やサプリメントの飲み過ぎ、アルコール、タバコなどによっても肝臓は機能が低下する事があります。


ニキビに関わると言われている「IGF-1」について

で、そのIGF-1が実際にニキビと何の関係があるかというと、「IGF-1」はその分泌量が適切であればニキビを改善させるのですが、実は分泌量が多過ぎると逆に悪化させるとも言われています。特に一部の食品にはこの「IGF-1」を増やす働きのある栄養素が含まれているものがあり、それを偏って食べてしまうとニキビを悪化させてしまう事があるのです。具体的には牛肉、乳製品、大豆製品、辛い食べ物などです。

牛肉は輸入に限った事なのですが、海外の安い牛肉はその牛を速く育てるために成長ホルモンの含まれた餌を大量に使っている事があります。それによって育った牛の肉(牛乳や牛乳を使った乳製品も同じ)を食べるとIGF-1が必要以上に増えてしまい、ニキビを悪化させる事があるそうです。

一方、大豆製品に関しては「大豆イソフラボン(別記事参照→大豆製品について)」が関係しています。大豆イソフラボンは女性ホルモンの分泌を促すとしてよく知られていますが、その他に「CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)」という栄養素を増やす働きがあります。この「CRGP」に実はIGF-1を増やす働きがあるとされており、そこに辛味成分である「カプサイシン」が組み合わさると更にその分泌を促進させると言われています。それによってホルモンバランスが崩れるとニキビを悪化させる原因となる(そもそも辛い食べ物自体刺激物なのでニキビには良くない)という話です。一部の食品に偏る(一度の食事で大量に食べる、毎日大量に食べる等)とこういう事が起こらないとも限らないので、バランスの良い食習慣を心がけましょう。別記事参照→バランス良く栄養を摂る事

尚、これは完全に制限すべきという事を言っている訳ではありません。本来成長ホルモンもIGF-1も細胞の修復に必要不可欠なホルモンであり、ニキビを治すためにも身長を伸ばすためにも必要不可欠なホルモンです。しかしそれが過度に分泌されるとニキビを悪化させる事があるという事です。上記のような特定の食品に偏らないようにすれば普通に食べて問題ないですし、むしろタンパク質の補給という意味では大豆製品は意識的に食べるべきです。

●アルギニンカプセル+亜鉛
アルギニンカプセル+亜鉛