「アルファGPC(α-GPC)」について

この記事では成長ホルモンの分泌を促す効果があるとされている「アルファGPC(α-GPC)」について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

アルファGPCとアセチルコリン

アルファGPC(L-α-グリセリルホスホリルコリン)は脳や母乳などに含まれている物質の一つで、「アルツハイマー型認知症に効果がある」「成長ホルモンを分泌させる作用がある(身長伸ばす、ニキビなどの肌荒れを治す、筋肉を大きくする等)」などとして注目されています。

アルファGPCは脳内において「アセチルコリン」の前駆体になります。アセチルコリンは神経伝達物質の一つであり、主に自律神経における副交感神経に作用します。この副交感神経は簡単に言えば「休息」の際、例えば食事後の食べ物を消化する時や睡眠時に働いています。すなわち起きている時は食べ物の消化や栄養の吸収をスムーズにし、寝ている時には内臓の働きや脳内における記憶の整理をコントロールしているのです。アセチルコリンはその神経伝達をスムーズにするため、判断力や集中力、記憶力などを向上させる事ができます、またアセチルコリンは筋肉を収縮するための伝達手段としても使われているため、アセチルコリンが増える事では筋肉の動きもスムーズになります。アルファGPCはその効果を更に高めるとされています。


アルファGPCと成長ホルモン

そんなアルファGPCは身近な食べ物では「母乳」に多く含まれていて、それを飲む子どもの成長ホルモンの分泌を促す効果があるとされています。これによって「子どもの身長を伸ばす効果」が期待されているのです。試験的投与した例では、アルファGPCを投与すると確かに成長ホルモンの分泌量が増え、成長ホルモン放出ホルモン(GHRH:成長ホルモンの分泌を促すホルモン)を単独に投与するよりも、そのGHRHとアルファGPCを併用して投与した方が成長ホルモンの分泌量は増えたそうです。

ただし注射で直接成長ホルモンを投与する場合と比べてどうなのかは正直分かりません。また確かに母乳を飲む子どもでは効果が得られるのかもしれませんが、その後のニキビが悪化しやすい思春期を迎える前後の年齢まで効果が得られるのかについても不明です。別記事参照→成長ホルモンについて


アルファGPCを含む食品及びサプリメントについて

アルファGPCは母乳の他では卵黄、大豆製品、穀類、ゴマ油、乳製品、コーン油、小魚、レバー、ウナギなどに含まれており、中でも卵黄、大豆製品、乳製品に含まれています。ただしそれぞれの含まれる量自体はかなり少なく、人体に効果がある量を食べるとなるととても現実的ではありません。もし摂る場合にはこれらの食品から抽出した下記のようなサプリメントを利用する事になります。ただしサプリメントに関しては絶対に安全とは言えないため、特に「妊娠中」「授乳中」に関しては絶対禁忌です。

アルファ ジーピーシー 120カプセル
アルファ ジーピーシー 120カプセル
アルファGPC 300mg 60ベジカプセル
アルファGPC 300mg 60ベジカプセル
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)
「レシチン」は大豆製品から抽出されたもので、α-GPCの元になると言われています。