ビタミンCやビタミンC誘導体について

ここでは美容に良いとしてよく知られているビタミンC、及びビタミンC誘導体について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

ビタミンCの役割について

数ある栄養素の中でもビタミンCは美容に良いとされており、知らない人がいないほど有名な栄養素だと思います。ビタミンCを摂って何故肌が綺麗になるかというと、ビタミンCがコラーゲンの合成の際に使われているからです。年齢を重ねて皮膚にシワが増えるのは皮膚にあるコラーゲンが減るからで、ビタミンCを摂りコラーゲンの合成を促せば皮膚の弾力性・ハリを回復させる事ができます。尚、ビタミンCが不足するとコラーゲンの合成が正常に行われなくなる事から「壊血病」という血管が壊れる病気にかかる事があり、ビタミンCはそれを予防する役割もあります。

またビタミンCには強い抗酸化作用があり、紫外線やストレスによる活性酸素が増える事・メラニン色素が増える事などを防ぐ役割もあります。特にストレス下や喫煙環境下においてはその必要量が増えるとされており、そのような環境にいる人では定期的に摂取しなければなりません。更にビタミンCはカルシウムや鉄分(細胞に酸素を送るために必要)などのミネラルの吸収を促す役割もあり、健康の維持には必要不可欠なビタミンと言えるでしょう。


ビタミンCを効率良く摂るためには

ビタミンCは水溶性ビタミンの一種で水に溶けやすい特徴があり、例えば調理の際にビタミンCを含む食品に対して水を使用するとその多くが水に溶け出てしまいます。ですので調理の過程で使用した水は捨てずに再利用するか、できるだけ水を使わないで調理を行う必要があります。尚、ビタミンCは水だけでなく熱にも弱いとされており、調理に火を使う事でもその多くが失われてしまいます。ビタミンCを摂るためには水もそうですが熱もできるだけ使わないよう調理には工夫が必要です。

また水溶性ビタミンなので、サプリメントやジュースなどからビタミンCを摂っても、その多くは尿と一緒に体の外へ出てしまいます。一度に大量のビタミンCを摂ったからと言って全てが吸収される訳ではなく、むしろその多くが無駄になってしまうという事です。よってビタミンCは一度に摂るのではなく、毎日定期的に少しずつ摂り続ける事が重要になります。もしビタミンCを多く含む食品やサプリメントを利用する場合、1日1回ではなく、1日3回に分けて摂ると良いでしょう。

このようにビタミンCは気づかぬ内に失われている事が多く、意識的に摂っているつもりでも実は摂れていなかったりする事が多い栄養素なのです。「ビタミンCを摂っているのに肌が綺麗にならない」というような場合には、これらの点に注意して摂ると良いのではないでしょうか。尚、ビタミンCをいくら口から摂っても顔の皮膚に届かなければ意味がありません。規則正しい生活をし、また顔の筋肉をよく動かして血流を促しましょう。


ビタミンCを多く含む食品とサプリメントについて

ビタミンCは緑黄色野菜全般・果物全般に多く含まれており、その中でも特に赤・黄ピーマン、アセロラ、レモン、柿、キウイ、イチゴ、芽キャベツなどが代表的です。ただし上記のようにビタミンCは水や熱に弱く、調理法や保存法には工夫が必要になります。すなわち野菜や果物を生のまま食べるのが最も望ましいですが、野菜や果物は購入してから1週間程度しか持たず、買い貯めをしておく事が難しい食品です。毎回切らす度に買い物に行かねばならず、ビタミンCを定期的に摂るのはその意味でも簡単ではありません。もし不足が心配されるような方は以下のような商品をオススメします。

小林製薬 ビタミンC 60日分180粒
小林製薬 ビタミンC 60日分180粒
通常のサプリメントは1日1回飲むタイプが多いですが、これは1日3粒目安のビタミンCサプリメントです。毎食後に飲む事ができるので定期的にビタミンCを摂る事ができ不足の心配がありません。
ドライフルーツ フルーツミックス 1kg
ドライフルーツ フルーツミックス 1kg
パイン、キウイ、イチゴ、メロン、パパイヤ、マンゴーを乾燥させたドライフルーツです。糖分は少し気になりますが、朝食や間食でのビタミン補給にオススメです。
オリヒロ ビタミンC 300粒
オリヒロ ビタミンC 300粒
1日10粒目安と飲む量は多いですが、食事の内容に合わせて調節する事ができるため、定期的に摂るのにはオススメです。

皮膚に塗ったビタミンCは吸収されるのか

結論から言えば「ビタミンCはそのままでは吸収されづらい」が、「できるだけ吸収しやすくしたものがある」という事です。この「できるだけ吸収しやすくしたビタミンCの事を「ビタミンC誘導体」と言います。しかし実は、普通に市販されているビタミンC誘導体を含む商品では、皮膚の表面までは吸収されても皮膚の奥深くにまでは残念ながら届きません。何故なら皮膚はそもそも粘膜ではないため、「栄養を吸収する」ような役割がないからです。また皮膚の奥にまで浸透させるようなビタミンC誘導体は不安定で作る事自体が難しく、例えそれが使われていたとしてもその商品は非常に高価になります。しかも例え高額であっても、その中で「本当に効果がある」ものは大きな製薬会社か美容皮膚科でしか作っていないため、入手も難しいのです。

●ビタミンC誘導体の種類
・水溶性(水に溶けやすいが吸収率は良くない):リン酸アスコビル、アスコビル酸グルコシド、アスコルビルエチルなど
・脂溶性(油分に溶けやすく吸収率を高めている):テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビル、テトライソパルミチン酸アスコルビルなど
・水溶性+脂溶性(吸収率が高いが安定性はない):パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(略称:APPSやアプレシエ)、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(略称:FuncosC-ISやAPIS)など

この内「APPS」及び「APIS」は通常のビタミンC誘導体と比較してもその吸収率を飛躍的に高めているとされており、もし効果のあるビタミンC誘導体を利用したい場合には、少なくともそれが含有されている商品を選ぶ事が重要になります。ちなみに「APPSよりもAPISの方が吸収率が良い」とよく言われますが、真実(APISはAPPSが特許で作れない事を受けて作られた・・・らしい)は分かりません。

それ以外のビタミンC誘導体は前述のように吸収率が悪いため、特に気にする事なく「肌に合うかどうか」で選ぶ事をオススメします。その方が例え自分の肌に合わない場合でも出費を最小限に抑えられます。同様にしてコラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、セラミドなどを含んだ商品も多数販売されていますが、ほとんどの商品は皮膚の表面までしか効果がありませんので注意して下さい。

●トゥベール クリスタルパウダー & ビーエスコスメ アプレシエ化粧水・作成キット
(これはAPPSを含んでいる商品です。APPSは安定性がないため使う時にその都度作る必要があります。容量は少ないですが、作る前の状態であれば冷蔵で数ヶ月程度は持つとされています。ただし熱や日光に弱いため黒い布など包みましょう。また古くなると劣化するためかなり消費は激しく出費も大きいです。参考までに・・・)

トゥベール クリスタルパウダー
ビーエスコスメ アプレシエ化粧水・作成キット