自律神経のバランスを整えてニキビを治そう(別ブログリンク)

自律神経は呼吸、血圧、心臓の鼓動、体温調節など、無意識の内に働いている様々な機能を制御しています。そんな自律神経は活動の交感神経と、休息の副交感神経の2つに分けられ、お互いが上手くバランスを取り合っています。しかしストレスに対して非常に敏感で、過度なストレスがあると、そのバランスが悪くなり、性ホルモンやセロトニン・メラトニンなど、様々なホルモンバランスが崩れてしまう事があります。ホルモンバランスが崩れ、睡眠習慣が崩れれば、当然肌の健康にも良くありません。

また自律神経はそのように活動と休息の役割があり、そのメリハリも重要です。最近では寝る前にスマホを弄る人も多いですが、寝るべき時にそのような事をすれば、当然自律神経が興奮して休めず、睡眠の質を低下させます。更にそれは自律神経のバランスを崩させ、ストレス耐性を低下させ、精神を不安定化させる原因にもなります。特にストレスなどの精神状態は肌の健康、及びニキビの悪化に大きく関係していると言われており、肌の健康を維持するためには睡眠習慣の改善はもちろん、昼間のストレスコントロールも重要になってきます。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『生活習慣に規則的なリズムを作り、自律神経を働かせよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。