口呼吸を鼻呼吸に改善してニキビを治そう

顔で起こるニキビなどの肌トラブルには「普段の呼吸の仕方」が少なからず影響を与えているのではないかと私は考えています。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

口呼吸を鼻呼吸にして肌荒れを治す

人間は鼻もしくは口で呼吸を行っており、鼻を使った呼吸を「鼻呼吸」、口を使った呼吸を「口呼吸」と言います。この内、鼻呼吸はそのまま行う事ができますが、口呼吸に関しては口を空けたまま呼吸を行わなければならず、唇及び口の周りにある筋肉が常に緩んだ状態になります。それによって口呼吸を行う習慣があると顔の筋肉があまり使われず、血流の悪化から皮膚の栄養状態や酸素の配分は悪くなります。実はそれが「ニキビができやすい」「ニキビが中々治らない」など肌トラブルの原因になる事があるのです。

口呼吸になってしまう原因としては小さい頃からの習慣で口呼吸が癖になっているか、様々な原因で口呼吸せざるを得なくなっている事が考えられます。口呼吸が癖の場合には意識して普段から鼻呼吸をするよう注意し続ければ改善されますが、口呼吸の習慣がある人では既に口の周りの筋肉が衰えています。それを鍛えて口呼吸を改善するまでには長い期間と根気が必要です。また鼻炎や肥満などによって鼻呼吸が苦しく、口呼吸せざるを得ないような場合にはそれをまず改善しなければなりません。鼻の状態が良くなければ耳鼻科へ、肥満の場合は減量をしましょう。

尚、何故肥満によって鼻呼吸がしづらくなるのかというと、首についている脂肪によって寝ている時に気道が狭まってしまうからです。それによってイビキもかきやすくなりますし、人によっては睡眠時無呼吸症候群(睡眠中に呼吸が停止し脳が酸欠になる)などにもなってしまいます。そうなると十分な睡眠時間にも関わらず深い睡眠(別記事参照→睡眠の質について)を摂る事ができなくなり、ニキビには直接悪い影響を与えるでしょう。


口呼吸が習慣化すると歯の健康も損なわれる

前述のように口呼吸では唇及び口の周りにある筋肉が衰えます。それによって食べ物を噛むための力が弱くなり、歯を均等に使う事ができなくなります。それは上の歯と下の歯の高さや位置がずれるという事を意味し、歯の噛合せはどんどん悪くなっていきます。それに加えて上手く噛めなくなる事で歯を支えるための頬(歯は歯茎だけで支えられている訳ではない)も緩み、全体的な歯並びを悪化させる事に繋がります。口呼吸を改善したら歯並びがこれ以上悪化しないよう、日頃から食事ではよく噛んで食べるようにしましょう。別記事参照→よく噛んで食べる事

また口呼吸によっては口の中が乾燥し菌が繁殖しやすくなります。そこに糖+酸の多い食事をする習慣があると虫歯、歯周病、口臭などの原因になります。更にウイルスが体の中へ入りやすくなるため、免疫力が低下し、風邪も引きやすくなります。健康のためにも鼻呼吸を目指しましょう。そして歯並びを更に悪化させるのが「舌癖」です。舌癖はそのまま「舌の癖」の事で、言葉を発したり食べ物を飲み込んだりする際に舌で歯を押す癖があるとそれでも歯並びは悪化します。舌癖によって歯並びが悪化すると歯が前へ出るようになり、唇が常に緩んだ状態になります。実はこれも肌荒れの原因になる事があるのです。口の周りだけでなく舌の筋肉(例えば舌で上の歯の表及び裏を順番に触り、下の歯の表及び裏を順番に触る事を繰り返すなど)も鍛えましょう。

尚、「顔の筋肉を使わない」という意味では普段物静かで表情の変化がなかったり、人見知りであまり人と喋らないなども肌荒れに影響します。意識的に顔の筋肉(頬や唇に力を入れてゆっくり動かす→ゆっくり緩めるを繰り返す)を動かしたり、口を閉じたまま生活をする癖をつけましょう。またそういう人はストレス体質の人が多く、ストレスはニキビを悪循環のように悪化させます。ニキビも歯並びも共通して「自分の顔に自信を失わせる原因」の一つです。よって「歯並びから来るストレス」によってもニキビはできやすくなるので、ストレスを減らすためにも歯並びを改善しましょう。

もちろん歯並びはその悪化の程度によっては高額な「歯列矯正(口呼吸を治したり顔の筋肉をよく使うのはあくまで歯並びの予防でしかない)」を行わなければなりません。しかも人によって歯列矯正をやめた後に歯並びが元に戻る事があり、仮に歯並びの治療を受けたとしてその「戻り」を防ぐ意味でも日常的に顔の筋肉を動かす事は重要です。別記事参照→顔筋トレーニング