肌荒れを悪化させるタバコとお酒

ここでは「タバコとお酒」について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

言わずもがなですが、20歳未満の人がタバコを吸ったりお酒を飲む事は法律で禁じられています。「バレなければ良い」と考える人もいるかもしれません。しかしバレてないから良いという考えを持っている人は、人が見ている所では真面目に振る舞っていても、おそらく周りの人が見ていない所で手を抜いてサボってしまうと思います。ニキビを治すためには毎日の積み重ねが必要であり、誰も見ていない時でも良い習慣を積み重ねる事が重要です。その意味でも未成年者の喫煙や飲酒は絶対に止めましょう。


タバコについて

タバコには「ニコチン」という神経に有害で依存性のある物質が含まれています。その依存性は違法ドラッグにも匹敵するほど強力だと言われており、一度吸えば何度も吸いたくなります。それによって止める時が非常に苦しく、自力で禁煙するのが難しいと言われています。更にニコチンには胃酸を過剰に分泌させて胃や食道に大きな負担をかけるため、単純に食べ物を消化・栄養を吸収する能力が弱くなります。また不必要に毛細血管を収縮させて心肺機能を低下させたり、ビタミンCを破壊する事でコラーゲンの合成を阻害したりします。肌荒れにも良くないのは間違いありません。

更にタバコには「タール」と呼ばれる発癌性の高い物質が含まれています。ですので過剰に吸うと単純に悪性腫瘍(癌)ができやすくなります。タールは粘り気が強い物質なので、禁煙してもなかなか体から抜けません。またタバコの煙には「一酸化炭素」も含まれています。例えば火事や練炭自殺のニュースが出た時などに「一酸化炭素中毒」という言葉がよく聞かれますね。一酸化炭素には酸素の吸収を阻害し酸欠にする効果と動脈硬化を促進する効果があります。酸欠になれば肺などの循環器の能力が低下し、動脈硬化になれば心筋梗塞や脳梗塞など致死率の高い病気になるリスクがあります。

タバコにはこれだけ人の体にとって役に立たない物質がたくさん含まれているのです。そもそもタバコは吸わなければ吸わないまま一生を過ごす事ができます。一度吸ってしまえばなかなか止められず、様々な病気になるリスクが増えます。未成年の人が何故吸ってはいけないのか、それはタバコが脳や体の健全な成長を妨げるからです。吸わない方が良いもの、体に必要のないものをわざわざ吸う理由はないはずです。

そして日本のタバコには多くの税金がかけられています。種類にもよりますが1箱1000円以上するものもあります。最近ではタバコやお酒などに税金を上乗せする傾向が強く、この先もどんどん値段は高くなるでしょう。それを1ヶ月で何箱も買えば相当な出費になります。それだけのお金を払って吸っても体に良い成分は何一つ入っておらず、それどころか様々な身体機能を低下させる要因になります。このお金を払うぐらいなら健康のための食費に使ったり栄養の補助のためにサプリメントを買ったりした方が自分の為になるのではないでしょうか。

●マスク
活性炭入りフィットマスク 50枚入り (BOXタイプ) 超極細繊維フィルター使用


お酒について

お酒はアルコールが含まれる飲み物であり、そのアルコールは脳など神経系へ強く影響を与えます。特に成長期の脳はアルコールの影響を大きく受けやすいと言われており、その影響で脳が萎縮して小さくなったり、記憶力、判断力、集中力の低下などが起こります。またニコチンほどではありませんがアルコールにも少なからず依存性があります。大人では数年しないと依存症状が出ない事が多いですが、未成年では2年以下で依存症状が現れると言われており、一度飲んでそれが習慣化すると自分では簡単には止められなくなります。更にアルコールは臓器の成長や性機能の正常な発達も妨げます。特に肝臓などの臓器はまだアルコールを処理する能力が弱いため、一度に大量のお酒を飲むと「急性アルコール中毒」にもなります。妊娠中には胎児にも悪影響を与えますので絶対禁忌です。

日本の社会はお酒と密接な関わりがあります。社会に出れば上司や先輩の命令で無理やり飲まされたり、その場のノリで自ら大量に飲むという事があり得ますが、そのお酒を断ると人間関係が悪くなるような状況が多く存在します。環境によっては「体育会系特有の乗り」というのもあり、断れずに飲まされるというパターンも非常に多くあります。よく「お酒を飲むと真に語り合える」「仲良くなる」とか言う人いますが、逆にお酒を飲まないと胸の内を話す事ができないのでしょうか。私はそれが当たり前とされている世の中に対して危機感を覚えます。お酒を断ったぐらいで「コミュ障」「ノリが悪い」「上司の酒が飲めないのか」「仕事が増えない」「減給」なんて。そもそもお酒は「嗜好品(しこうひん)」であり、社会や周りの誰かから強要されるようなものではありません。お酒を飲まない人や飲めない人が不利にならないよう、あるいはお酒を飲まなくても済むように世の中が変わって行く事を切に願います。

社会にとってお酒という存在があまりにも身近で当たり前なため、それを他の人に当たり前のように押し付けてしまいます。それによって周囲のお酒を飲まなかったり飲めない人を蔑んだりする事が平気で起こるのです。これは「多くの人にとって当たり前な事でもその人にとっては違う」という良い例だと思います。遺伝的に生まれつきアルコール処理能力の弱い人もいるはずですし、宗教的に飲めない人やトレーニングなどで控えている人もいる訳で、社会が無言の圧力でお酒を強制するのはおかしい事です。我々大人は「自分や多くの人にとって当たり前と思われるようなものでも、人によっては当たり前ではない場合もある」という気遣いを強く持つべきでしょう。それがあればいらぬ争いも起こらないのではないか?と私は思います。

ちなみに「お酒は飲み続けると慣れる」とよく言われますが、遺伝的なアルコールの処理能力は決して鍛える事はできません。「酔いにくくなる=お酒に強くなった」のではなく、お酒による酔いに脳や体が反応しなくなっていく(鈍くなる)だけです。生まれつきアルコールに弱い人がアルコールを飲んだ場合、臓器が体に入ったアルコールを処理する事に気を取られ、他の栄養素の吸収に手が回らなくなる事があります。それは当然健康を害するだけでしょう。アルコールに弱いというと「酔う」のももちろんですが、習慣化すればそのように慢性的な栄養不足も起こる事があるのです。