牡蠣でニキビが治る?亜鉛を補給しよう

ミネラル豊富な貝類の中でも、特に牡蠣は成長ホルモンの分泌や蛋白質の合成に必要な亜鉛を多く含んでいます。ここではそんな牡蠣について私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『牡蠣を食べて亜鉛を補給しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

牡蠣に含まれている栄養素とその役割について簡単に

牡蠣に含まれている栄養素の名前を挙げると、蛋白質、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB12)、ナトリウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、銅、セレン、ヨウ素などとなっています。またタウリンやグリコーゲンなどの栄養素を含むという情報もあります。一方、糖や脂肪は殆ど含まれておらず、カロリーは非常に低くなっています。

特にビタミンの中ではビタミンB群の一種であるビタミンB12が大きく秀でています。ビタミンB12は赤血球の合成に使われる他、同じくビタミンB群の一種である葉酸の再合成にも使われます。そのためビタミンB12自体はめったに不足しませんが、葉酸が不足するとこのビタミンB12の必要量が増え、稀に不足する事があります。ニキビ改善のためには細胞へ酸素を送る必要があり、ビタミンB12と葉酸は意識的な摂取が必要です。

またミネラルの中では亜鉛と銅が大きく秀でています。この内、亜鉛は成長ホルモンの分泌や蛋白質の合成に関与しています。亜鉛は発汗などによって必要量が増え、これもニキビ改善のために必要です。一方、銅は鉄と共に酸素を運搬するヘモグロビンの合成に必要になります。銅の方はめったに不足しませんが、万が一に不足すると貧血になる事があります。

亜鉛の過剰摂取には念のために注意する

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれており、その含有量は一般的に口にされる食品の中でもトップクラスとも言われています。品種によって差はありますが、一般的な牡蠣でも1日数個食べるだけで、1日に必要な量を補給する事ができます。それぐらい亜鉛が豊富なのです。

しかし亜鉛は必要量が少ないため、過剰摂取には注意が必要です。特に少なくとも1日40gあるいはそれ以上の亜鉛を摂取すると、何らかの副作用が出る可能性があると言われています。これは牡蠣だと数十個食べるだけで達成でき、その量なら食べる事ができるという人はいると思うので、念のため注意しておきましょう。尚、亜鉛の過剰摂取では食中毒のような症状が出ると言われています。

食中毒には注意する

大量の生牡蠣を食べると食中毒のリスクも高まります。何十個と食べるような機会がある場合、新鮮なものを選ぶ事はもちろん、どれだけ新鮮であっても十分に加熱してから食べた方が無難です。また一般的に貝類は消費期限が短い(冷蔵では2日以内、冷凍でも2週間以内)です。購入したらできるだけ早く消費しましょう。

亜鉛を摂るためのサプリメントについて

もし「亜鉛」を摂取する事が目的の方は下記のような商品をオススメします。ただしサプリメントではやはり過剰摂取に注意が必要です。1粒当たりの含有量や、1回に服用する量を注意深く見るべきでしょう。心配であれば1日の摂取目安が「1日1粒」のものよりも、「1日2粒以上」のものを選ぶと良いかもしれません。そうすれば一粒一粒に含まれる亜鉛の量を制限できるため、過剰摂取のリスクを抑える事ができます。

ディアナチュラ カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD 180粒

亜鉛だけでなくカルシウムやマグネシウム、ビタミンDもまとめて補う事のできるサプリメントです。この商品は1日6粒目安のため毎食後2粒飲めば良く、過剰摂取のリスクが抑えられています。もちろんこれは栄養の補助です。ミネラルは普段の食事から摂りましょう。
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
亜鉛などミネラルを補う事ができるナッツ類のミックスです。ミネラルをまとめて補給できます。ただしナッツ類は一般的に脂肪・カロリーが豊富なので食べる量には注意しましょう。尚、代謝を落とさないためにはカロリー確保も重要です。
黒ごまきな粉アーモンド220g

ミネラル豊富なゴマ、きな粉、アーモンドの粉末です。
ゴマやアーモンドは亜鉛が多く含まれる食品の一つです。また大豆は蛋白質やマグネシウムを豊富に含みます。ただし糖分には注意しましょう。

★当ブログ内関連記事一覧