男性ホルモンと女性ホルモンについて

この記事では男性ホルモンと女性ホルモンについて私なりに考えた事を書いています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

女性ホルモン(エストロゲン)について

エストロゲンはいわゆる「女性ホルモン」の事です。エストロゲンが分泌されると心身に女性的な特徴が現れ、分泌量が増える事でその効果は大きく現れます。例えば全身(特に胸)に脂肪が付きやすくなったり、体毛(髪の毛以外)が薄くなったり、声が高くなったり、肌や髪の毛にツヤが出たりします。いわゆる「女性化」です。またエストロゲンには成長期の骨にある「骨端線」を閉鎖する役割があります。骨端線が閉鎖し消えるという事は早々に身長が伸びなくなるという事を意味しており、女性が思春期に入ると急激に身長が伸びなくなる主な原因になります。

エストロゲンの分泌は女性が大人の体になるための準備です。ですので思春期を迎えれば自動的に起こる事であり、それを抑える事は誰にもできません。しかし思春期以前からの不規則な生活習慣の積み重ねや、思春期中におけるストレス、食習慣、睡眠習慣、運動習慣などによっては女性ホルモンの分泌が不安定になります。特に女性がよく行うダイエットによっては結果として女性ホルモンの分泌による女性化を邪魔をしてしまう事があるのです。別記事参照→ダイエットと女性ホルモンの減少

ちなみに女性ホルモンは女性のみに存在すると思われていますが、実は男性にも存在するホルモンです。「草食系男子」という言葉がありますが、男性でも女性ホルモンが増えれば肌や髪の毛にツヤが出たり、声が高くなったりするなど、女性的な見た目に変化する事があります。しかし男性においては女性ホルモンが減り過ぎると髪の毛が薄くなったり、男性ホルモンが優位に働く事で皮脂が過剰に分泌されてニキビが増えたりなど悪い事ばかりが起こります。要は「男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランス」が重要あり、男性にとっても女性ホルモンは重要なホルモンの一つと言えます。


女性ホルモンの分泌リズムを整えるために重要なメラトニン

ホルモンバランスを整えるために最も効果的なのはもちろん「規則正しい生活習慣の積み重ね」ですが、特にその中でも睡眠習慣が重要になります。何故かというと規則的な睡眠を摂る事ができていると「メラトニン」というホルモンが分泌されるからです。このメラトニンには「性ホルモンをコントロールする」という重要な役割があり、これが分泌されているだけで思春期中における性ホルモン(男性ホルモンも女性ホルモンも)の分泌を安定化させる事ができます。よってニキビを治すためにはまずメラトニンをしっかりと分泌させる事が重要になります。尚、メラトニンについての詳細は別記事にて行っていますのでそちらをご覧下さい→メラトニンについて


男性ホルモン(テストステロン)について

テストステロンはいわゆる「男性ホルモン」の一種です。これが分泌されると心身に男性的な特徴が現れ、分泌量が増える事でその効果は大きく現れます。例えば全身の筋肉が太くなりやすくなったり、強く性欲を感じたり、体毛(髪の毛以外)が濃くなったり、声が低くなったりします。分泌量が増えると人によっては皮脂の分泌が過剰になってニキビが増えたり、髪の毛が薄くなったりする事もあります。思春期中にニキビが悪化しやすいのは生活習慣の乱れやストレス等によってホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの働きが優位に出過ぎてしまうからです。

そのような男性ホルモンが増え過ぎる事によって起こる症状は、前述した通り規則的な睡眠習慣によって改善する事ができます。何故なら性ホルモンをコントロールする「メラトニン」というホルモンが分泌されるからです。それによって男性ホルモンが過剰に分泌されたり、女性ホルモンが過度に減ったりする事を防ぎ、ニキビにおいては皮脂の過剰な分泌も抑える事ができるでしょう。


男性ホルモンも女性に存在するホルモンである

男性ホルモンであるテストステロンは「男性のみに存在する」と思われていますが、もちろん女性にも存在するホルモンです。例えばトップアスリートになると女性でもテストステロンが優位に働いて「男性化」する事があり、男性ほどではありませんが筋肉が付きやすくなったり、体毛が濃くなったり、闘争心溢れる性格になる事があります。またそうしてスポーツを本格的に行っていた女性が急に引退すると、今まで男性ホルモンによって抑えられてきた女性ホルモンが大量に分泌される事があります。女性がスポーツを引退した後、急に女性らしくなったように見えるのはこれが原因の一つとして考えられます。

特に思春期以前にスポーツを本格的に行っていた女性が思春期を境にスポーツを引退すると、そのように女性ホルモンの分泌が急激に行われる事があります。人によっては例えば胸が急に大きくなったり、太りやすくなるなど外見として明らかな変化をする人もいるようです。しかし逆に言えばこれは「スポーツを本格的に行う事によって男性ホルモンを優位に働かせ、思春期に向かう際の女性ホルモンの急激な分泌を抑える事ができる」という事です。これは食事制限のダイエットを繰り返していたら絶対に起こり得ません。


男性の「異性への強い関心」について

前述の通り規則的な睡眠習慣を続ける事によってメラトニンが分泌されていれば、自然と性ホルモンの分泌をコントロールする事ができます。しかしいくら規則正しい生活習慣を続けていても「性に関する興味」が強く出てしまうとそれだけで性ホルモンの分泌が活性化し、思春期において急激なホルモンバランスの変化が起こる事があります。

女性は「思春期中のホルモンバランスの崩れやすさ」と比べると、思春期以降ではそこまでホルモンバランスが崩れる事はありません(月経による影響は除く)。しかし男性の場合は別です。男性は思春期を迎える時期自体は女性よりも遅いのですが、一番問題なのは性に関する知識を「からかい」から得るという点です。この点に関しては女性とは決定的に異なります。男性は「他人を馬鹿にする」という所から性に関する知識を得るため、偏った知識が身に付き、それが女性よりも性教育を遅らせる主な原因になっているのです。それによって「自分と他人の容姿で異なる部分」にばかり目が行くようになり、性に関する知識がないまま異性に関する興味ばかりが強くなっていきます。男性ではそれが思春期以降におけるホルモンバランスを悪化させる大きな原因になり、当然ニキビを悪化しやすい状態を作り出してしまいます。

特に男性は性に関する誤った認識から安易にいわゆる「自慰行為」に走る事が多く、それも性ホルモンのバランスを崩す大きな原因になっています。「自分が自由に使う事のできる時間がある」人ほど、空いている時間にそういう思考や行動に走りやすいので、何か時間を忘れて熱中できる事を続ける事が重要になります。


性ホルモンの主な材料は脂肪である

性ホルモンは様々な種類の栄養素(アルギニン、必須アミノ酸、ビタミンB群、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、セレン等)を元に体内で合成されています。その中でも主な成分となっているのが「コレステロール」、すなわち脂肪の一種です。

よって男性ホルモンの過剰な分泌を抑えるためには「消費しきれないほどの糖・脂肪・タンパク質を摂らない」「ビタミンB群・マグネシウム・必須脂肪酸などをバランス良く摂る」「糖を摂ったら脂肪になる前に無酸素運動で燃やす」「タンパク質を摂ったら脂肪になる前に無酸素運動で身にする」「新たな脂肪ができたとしても有酸素運動で燃やす」「睡眠習慣を改善しメラトニンを分泌させる」などが重要になります。それぞれ詳しくは過去記事をご覧下さい。