海藻類でニキビが治る?ミネラルを補給しよう

海藻類には様々なミネラルが含まれていてニキビを治すための栄養補給に適しています。ここではその海藻類について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

ミネラルはバランス良く摂取する事が重要

ミネラルは必要量の多い主要ミネラルと、必要量は少ないものの必要不可欠な微量ミネラルに分かれます。ミネラルの中ではナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウムが主要ミネラル、クロム、マンガン、鉄、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素が微量ミネラルです。「バランス良い食習慣」とよく言われるのは、これらのミネラル全てが心身の健康を維持する上で必要不可欠だからで、ミネラルをバランス良く摂取する事はニキビを治す以前に大前提なのです。


海藻類に含まれている栄養素について

海藻類の名前を挙げると、ワカメ、コンブ、アオサ、ヒジキ、モズク、メカブ(ワカメの一部分)、アオノリ(海苔)、テングサ(寒天の原料)、ダルスなどが挙げられます。

これらに共通しているのはナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素などのミネラルが、いずれも豊富に含まれているという事です。特にニキビを治す上ではマグネシウム、カリウム、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素が重要です。海藻類はいずれも豊富で、ミネラルの補給に適しています。また全体として食物繊維を豊富に含む一方、糖・蛋白質・脂肪といった体内でエネルギーとなる栄養素は殆ど含まれておらず、カロリーは非常に低くなっています。

この中では特にコンブ、ヒジキ、アオサの栄養価が高く、これらはビタミンB群やビタミンKも豊富です。しかし前述のように海藻類は全般としてナトリウムを豊富に含んでいます。つまり塩分ですね。ナトリウムの排出を促すカリウムを豊富に含むので良いように思いますが、それ以上にナトリウムが多いのです。海藻類を食べる場合、他の食品から摂取するナトリウムの量には注意し、カリウムを追加補給するために緑黄色野菜を一緒に食べるとより良いでしょう。また海藻類だけではビタミン・蛋白質・必須脂肪酸は不足するので、別途補給しましょう。


海藻類で謳われている健康効果について

海藻類には「フコキサンチン」と呼ばれる栄養素が含まれています。このフコキサンチンは緑黄色野菜に含まれる「β-カロテン」と同じカロテノイドの一種です。フコキサンチンはβカロテンとは違って必須とされる栄養素ではありませんが、一般的にカロテノイド類は強い抗酸化作用があるとされ、活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞を酸化ストレスから保護すると言われています。また現時点では研究段階ではありますが、高濃度の場合、脂肪の燃焼を補助する作用や抗腫瘍作用などをもたらすとも言われています(食品やサプリメントでは濃度が足りないので注意)。

この他、海藻類にはフコイダンと呼ばれる食物繊維(分類上は多糖類)が含まれており、これにも様々な健康効果があるとして、研究が進められています。ただし食物繊維は高分子であり、消化酵素では殆ど分解されません。腸内細菌によっては緩やかに分解されますが、フコイダンそのままの形では吸収されないため、フコイダンとして期待されている健康効果はおそらく殆どないと言って良いでしょう。また低分子にする事も技術的に難しく、現状では食品・サプリメントからの摂取はとても現実的ではありません。


オススメのサプリメントについて紹介

大塚製薬 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

これはカルシウム、マグネシウム、亜鉛をまとめて摂取する事ができるサプリメントです。毎食時に1粒ずつ摂取すれば良いでしょう。
小林製薬 ヘム鉄 葉酸 ビタミンB12

細胞に酸素を運ぶヘモグロビンに必要な鉄と銅、鉄の吸収を促すビタミンC、赤血球を作るのに必要なビタミンB6、ビタミンB12、葉酸をまとめて補う事ができるサプリメントです。これらは成長期や女性では不足しやすいため、意識的に摂取しても損はありません。尚、このサプリメントは1日3粒目安のため、毎食時に摂取して補う事ができます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。