肉と卵を食べてニキビを治そう

動物性の食品である肉や卵はタンパク質の材料となる必須アミノ酸がバランス良く含まれており、ニキビを治すための栄養補給に適しています。ここではそんな「肉」と「卵」について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

動物性の食品を食べてタンパク質(必須アミノ酸)を摂ろう

タンパク質を作るためにはその基礎となる必須アミノ酸が必要です。必須アミノ酸はタンパク質を作るための最も基本的なアミノ酸であり、体内だけでは一から作る事はできません。ですので常に食事から補い続けなければならない栄養素の一つです。動物性の食品にはそんな必須アミノ酸がバランス良く含まれており、ニキビを治すための栄養補給として適しています。

タンパク質を多く含む食品としては肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品、ナッツ類、穀類などが挙げられますが、前述した通り動物性の食品の方が必須アミノ酸のバランスが良いので、肉類、魚類、卵、乳製品の方を定期的に食べる必要があります。ただし動物性の食品は塩分や脂肪分が多く含まれる食品も多く、カロリーも高いというデメリットがあります。特に脂肪は皮脂の材料となるため摂りすぎると確実にニキビが悪化します。ですので動物性の食品だけでタンパク質を摂ろうとするのではなく、大豆製品や穀類などでその一部を置き換える事が大切です。調理法によっても例えば唐揚げやハンバーグなどは調理に油を使用するため食べ過ぎには注意すべきですね。

もちろん例えタンパク質を含む食品であっても、ただたくさん食べれば良い訳ではありません。何故ならその食品に含まれるのはタンパク質だけではないからです。ニキビを治すためにはビタミンやミネラルも必要であり、タンパク質を多く含む食品に固執するのではなくバランス良く食べるよう心がけましょう。もちろん「お肉」という分類一つとしても豚肉、鶏肉、牛肉、馬肉などの種類がありますし、その部位(肩肉、胸肉、モモ肉等)によっても含まれる栄養は異なります。カロリーが低く脂肪分が少ないとして知られている例えば「鶏のササミ」だけを食べるのではなく、色んな種類の色んな部位の肉を食べるようにしましょう。必須アミノ酸についてはこちらから→必須アミノ酸をバランス良く摂ろう


「卵は1日1個」という古い固定概念は捨てるべし

動物性の食品としては卵(鶏や鶉など)もタンパク質を含んでおり、必須アミノ酸をバランス良く摂る事ができます。そんな卵には「コレステロール」が含まれている事が知られていますが、コレステロールは男性ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンの材料として使われる非常に重要な栄養素です。その他コレステロールは血管(細胞膜)の強度を増したり、消化液の一つである胆汁の材料としても使われており、人間にとって必要不可欠なものです。摂り過ぎはもちろんよくありませんが、コレステロールだからと過度に避ける事は逆に健康を害してしまう可能性があります。

一般的にコレステロールは肥満及び動脈硬化の原因になるとされており、それが「コレステロール=悪」「コレステロール=太る」というイメージの元となっています。ですのでできるだけ避けようとするのは分からなくもないのですが、実は最近の研究で「コレステロール値や心筋梗塞のリスクに卵を食べる回数は関係がない」という調査結果が出ています。すなわち食品に含まれるコレステロールが直接動脈硬化などに結びついているのではなく、食事以外の様々な要素が複合的に影響しているという事です。よって規則正しい生活を続けている人では、例え毎日卵を2個3個食べていても何の問題もありません。尚、必須脂肪酸についてはこちらから→糖も脂肪も本来は必要なもの

ちなみにスポーツ選手ではよく「鶏の生卵の黄身だけ」を食べる人がいますね。人によっては卵黄だけをそのまま飲む人もいます。しかし実際には卵は生のままよりも調理をして黄身と白身に火を通した方が、よりタンパク質の吸収率が高まると言われています。ゆで卵でもスクランブルエッグでも目玉焼きでも良いので、調理してから食べる事をオススメします。ただし調理や食べる際に油、塩、醤油、ソース等を使う場合にはその量に注意しましょう。


タンパク質を補う事のできるプロテインやサプリメントなど

もし動物性の食品が苦手だという方は以下のようなプロテインやサプリメントをオススメします。プロテインは必須アミノ酸のバランスが良く、栄養の補助として最適でスポーツ選手がよく利用しています。

バルクスポーツ ビッグカゼイン2s
バルクスポーツ ビッグカゼイン2s
タンパク質を補う事のできるプロテインです。通常のホエイプロテインは吸収が速いため運動直後に飲む事が多いですが、これは緩やかに吸収されるカゼインプロテインなので飲むタイミングを選びません。ただし乳製品が苦手な方はお腹が緩くなる事があるので注意して下さい。尚、乳製品と比べると脂肪はほぼ含まれていません。
ファインラボ ホエイプロテイン2kg
ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート2kg
これは吸収の速いホエイプロテインですが、特にお腹が緩くなる原因となる乳製品由来の乳糖などを取り除いたものです。お腹が緩くなって乳製品を食べる事ができない人にオススメです。ただしこのプロテインは吸収が非常に速いので、例えば激しい運動後、あるいはタンパク質が足らない場合に食中に飲むのがベストです。寝る前に大量に飲むと胃腸に負担をかける事があるので飲む量を調節して下さい。
いなば とりささみフレーク 70g×24個
いなば とりささみフレーク 70g×24個
鶏のササミは肉類の中でも低脂肪かつ高タンパクであり、タンパク質を摂るのに最適な食品の一つです。尚、ササミは通常の肉屋で普通に買えるので塩分の多い缶詰である必要はありません。また脂肪分が少ないのがポイントなので、油をあまり使わないよう調理法には工夫が必要です。
きざみ納豆ミニ3(40g×3) 8個入
きざみ納豆ミニ3(40g×3) 8個入
動物性の食品ばかり食べているとカロリーや塩分、脂肪分を摂り過ぎてしまうので、一部をこういった植物性の食品で置き換えましょう。ちなみに納豆の賞味期限は1週間程度と言われていますが、冷蔵であれば1ヶ月以上経っても食べる事ができる(自己責任ですがw)そうです。発酵食品なので環境にもよりますが常温でも2週間程度持つ場合があります。

★様々な「肉類」に含まれる栄養まとめ

最後に、肉類や卵に含まれるそれぞれの栄養(タンパク質・脂肪を除く)をまとめてみましたので参考までに。見てみるとやはりレバーの栄養価が非常に高い事がよく分かります。尚、部位別についてはさすがに多いので省略しています。

●牛肉:ビタミンK、ビタミンB群、亜鉛等
●豚肉・ウサギ肉:ビタミンB群等
●鶏肉・キジ肉・七面鳥肉・ホロホロ鳥肉:ビタミンK、ビタミンB群等
●馬肉・猪肉・ヤギ肉:ビタミンB群、鉄分、亜鉛等
●合鴨肉:ビタミンB群、銅等
●ラム肉・イノブタ肉:ビタミンB群、亜鉛等
●ウズラ肉:ビタミンK、ビタミンB群、鉄分等
●鴨肉:ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB群、鉄分、銅等
●シカ肉:ビタミンB群、鉄分、亜鉛、銅等
●鳩肉・クジラ肉:ビタミンB群、鉄分等
●鶏の卵:ビオチン(ビタミンB群の一つ)
●ウズラの卵:ビタミンB12
●牛レバー:ビタミンB群(葉酸ビオチン含む)、ビタミンA、亜鉛、鉄、銅等
●豚レバー:ビタミンB群(葉酸ビオチン含む)、ビタミンA、ビタミンD、亜鉛、鉄、銅、カリウム等
●鶏レバー:ビタミンB群(葉酸ビオチン含む)、ビタミンA、ビタミンK、亜鉛、鉄、銅、カリウム等