鶏肉と卵はニキビに効く?(別ブログリンク)

動物性の食品である肉や卵には、蛋白質の材料となる必須アミノ酸がバランス良く含まれています。しかし同時に脂肪も豊富に含まれており、食べ過ぎれば皮脂の分泌を促し、ニキビに逆効果になる可能性もあります。また必須脂肪酸のバランスが崩れる事では、アレルギー症状や炎症反応が強くなる事もあるようです。動物性の食品を食べる場合、基本的には運動とセットになるでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『肉を食べれば身長が伸びる?蛋白質と脂肪を摂取しよう』や『卵を食べれば身長が伸びる?1日1個以上食べよう』などにまとめているのでそちらをご覧下さい。


もし肉や卵などの動物性の食品が苦手だという方は、以下のようなプロテインやサプリメントをオススメします。特にプロテインは必須アミノ酸のバランスが良く、低脂肪なので、アレルギーなどで食べる事が難しい人の補給に適しています。尚、プロテインは蛋白質を摂取するためのもので、それだけではビタミンやミネラルが不足します。別途補給が必要です。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アイソプロ

これは吸収の早いホエイプロテインです。特に「WPI(Whey Protein Isolate)」という方法で作られており、蛋白質以外の不純物が殆ど含まれていません。そのため乳糖によりお腹が緩くなる人も飲む事ができ、特に「余計なものを摂りたくない」人にオススメです。飲むタイミングは基本的に運動直後がベスト、それ以外は普段の食事時に飲むのが良いでしょう。尚、蛋白質以外の栄養素を摂取する事はできないので、他のサプリメントで補給する必要があります。


Amazon商品リンク

ボディウィング 大豆プロテイン

これは大豆由来のいわゆる「ソイプロテイン」です。ソイプロテインはホエイプロテインよりも吸収は遅いものの、カゼインプロテイン(牛乳にはカゼイン蛋白が主に含まれる)よりは速く、ちょうど中間ぐらいの吸収スピードです。よって寝る直前や運動直後でなければ飲むタイミングを選びません。また原材料が大豆という事で大豆由来の有効成分も含まれている上、牛乳由来の成分は一切含まれていないため、乳アレルギーを持っている人や、乳糖でお腹が緩くなるような人にもオススメです。ただし大豆アレルギーには注意が必要です。