過剰摂取によりニキビを悪化させる食べ物は?(別ブログリンク)

顔の皮膚にある血管は細く、その時の血液の状態による影響を受けやすいです。1日2日程度では問題なくても、血液の状態が悪く、それが毎日毎年積み重なれば、肌の健康に悪影響となっている事があり、それに気づきにくいのが厄介です。特に重要なのは血糖値、血圧、血球、水分量、栄養でしょう。

血糖値は糖の多い食事をする事で高くなり、細い血管を詰まらせたり、血管の壁を傷つけます。また血圧にはカリウムとナトリウムの摂取バランスや、血管の弾力性に関わるコラーゲンやビタミンC、更には運動習慣なども関係しています。特にナトリウムの過剰摂取で血圧が高くなり、やはり血管への負担が増えます。

血球についてはそれを作るための必須アミノ酸、ビタミンB群、鉄や亜鉛、水分量などが関係しています。一方、日常的な水分補給や運動習慣なども大きく関係しており、食習慣だけでは改善されません。また栄養については五大栄養素、すなわち糖・必須脂肪酸・必須アミノ酸・ビタミン・ミネラルの摂取です。バランスが重要であり、特定の栄養素や食べ物を食べても、やらないよりマシ程度です。

この他、食物繊維の過剰摂取によるエネルギー不足やミネラル不足、または乳製品に含まれる乳糖の過剰摂取による腸内環境悪化、及び糖の過剰摂取によって起こる糖化による細胞劣化の問題、あるいは脂肪の過剰摂取や運動不足による高コレステロール状態なども、血液の状態に関係しています。これらのように様々な積み重ねが肌の健康に繋がっています。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『過剰摂取により身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性がある食べ物』にまとめているのでそちらをご覧下さい。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。