乾燥はニキビの大敵・肌荒れ予防のための保湿の方法まとめ

ニキビを治すためには、毛穴を詰まらせる原因となる「皮脂」の分泌をいかにして抑えるかが重要です。特に皮脂の過剰分泌に影響を与える「乾燥」はニキビの大敵です。ここではその乾燥を防ぐために必要な保湿の方法とその注意点、及び食習慣や運動習慣など基本的な生活習慣についてまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

保湿を行う際の簡単な流れ

顔を洗った後では、皮膚の表面にある古い皮膚や皮脂などが洗い落とされ、非常に乾燥しやすくなります。乾燥すると異物が入りやすくなったり等、物理的に防御力が低下します。できるだけ早くに保湿を行うべきです。そのためには顔を洗った後にすぐに保湿ができるよう、あらかじめ準備しておくようにしましょう。また洗顔後何をして何分で何をするか・・・という順序も効率化しておく事が重要です。

最初に行うべき保湿は「化粧水」です。化粧水は保湿を行うための「下地」であり、これによってまず皮膚の表面を滑らかにします。ただしそのように皮膚表面だけなので、数分経たない内に乾いてしまいます。特に化粧水は油分が少ないので湿度が低いとすぐに乾きます。ですので湿度を高めに設定し、また完全に乾ききる前に、その上から保湿効果の高い「美容液(保湿液)」を塗るようにしましょう。美容液の場合、パックの方が肌に密着するため効果は高いです(それでも数分程度、長時間はNG)。尚、化粧水は最初に使う関係上、肌に合う合わないが出やすいので、使わずにそのまま美容液を使っても構いません。

続いて使うのが乳液です。乳液は油分が多く、粘り気があり、化粧水や美容液を外側から閉じ込める役割があります。保湿では特に重要なものです。ただしあまりに分厚く塗ってしまうと、それが毛穴をつまらせ、逆にニキビの原因になってしまう事もあります。必ず薄く塗るようにしましょう。またそのように粘り気があるため、引っ張ったりしないようにしましょう。尚、薄く塗ると油分の多い乳液でも乾きやすくなってしまう事があります。それを防ぐため最後にクリームを塗ります。クリームは乳液よりも更に油分があるため、粘り気が強く、乾燥を防ぐ事ができます。これもあまり分厚くならないようにしましょう。面倒な場合は乳液を飛ばして乳液を塗っても全然構いません。これは人によります。

簡単に説明しましたが、これが保湿の基本的な流れです。尚、保湿を行う際にオススメの化粧品については別の記事にまとめています。詳しくは『ニキビ改善にオススメの化粧水・美容液・乳液・クリーム等まとめ』をご覧下さい。また洗顔の方法やオススメの洗顔料についても別の記事にまとめています。詳しくは『ニキビを改善するために必要な洗顔術』『ニキビ改善にオススメの洗顔料まとめ』をご覧下さい。

ちなみに化粧品を肌に塗る際には、指先ではなく、手の平(親指を除く4本指の付け根にある出っ張り)を押し当て、「塗り込む」ようなイメージで行うと良いでしょう。これは洗顔を行う際も同じです。


そもそも皮膚から成分は吸収されるのか?塗る意味ある?

皮膚は分子が大きいものほど吸収率が悪くなり、小さいものほど吸収率は高くなります。よって、より分子の小さい栄養素の方が吸収率は高いという事がまず言えると思います。また皮膚表面では脂溶性の物質の方が吸収率が高く、表面よりも下の層では水溶性の物質の方が吸収率が高いと言われています。よって、皮膚の奥にまで吸収させるためには、脂溶性と水溶性を併せ持った物質の方が吸収率は高くなる訳です。すなわち保湿を行う場合、これらの条件に合致するような有効成分を含む化粧品を選ぶ事が重要になるでしょう。


化粧水・美容液・乳液・クリーム等の選び方

一般的に「有効(とされている)成分」を皮膚から吸収しやすい形にし、かつそれを安定化させるためには、我々が想像する以上に高い技術が必要になります。これは前述のような皮膚の持つ特徴が理由で、これにより効果の高い商品ほど値段は高くなります。よって市販されているような安価な商品では、基本的に「吸収されにくいもの」と考えるべきで、「自分の肌に合うかどうか」を優先して選んだ方が良いと思います。保湿だからと塗りたくるのではなく、それよりも体の内側からのケアを重視すべきです。

尚、例え値段が高い商品であっても、それが必ずしも「質の高い商品」であるとは限りません。何故なら「有効成分」は「有効とされている成分」であって、各種ビタミン・ミネラルのような必須栄養素とは違い、人間の体の中での役割がハッキリしていない事も多いからです(ただし必須栄養素でも効果が誇張される事がある)。特にそのような「よく分からない栄養素」を含む商品では、グラフなどを用いて「従来の〇〇と比べて何倍」などと強調し、「〇〇が〇〇mg含まれている」という具体的な含有量が分からないように表現される事も多いです。高額な商品を利用する場合、その点は注意深く確認する必要があるでしょう。


商売の仕組みを理解し、知識を身につける努力をしよう

前述の続きですが、商売というのはそもそも「分かる人が分からない人に売る」事によって成り立っています。分からない人に、どれだけ良いように見せる事ができるか・・・分からない人には分からないままでいてもらった方が、継続して商品を買ってもらえるので、つまり商売を行う側からすれば、事実を二の次にした方が都合が良い訳です。これは商売の仕組みとして当たり前の事です(当ブログでは一応その辺は気をつけています・・・たぶん)。

しかし「健康」に関する事は、日本人一人ひとりの人生・将来に関わる事であり、分からない人が「分からないまま」である事は、長期的に見ればデメリットの方が大きいと私は考えます。特に、その商売の仕組みを利用する事では「分からない人を騙す」という事も簡単にできてしまいます。お金を出して商品を買った結果、期待した効果が得られず次の商品へ移り、しかし次の商品でも期待した効果が得られず次の商品へ移り・・・その繰り返しで経済が回っているのだとしても、「知識がない事」を良いように利用されているのだとしたら、そこから得られるものは何でしょうか。

例えば「美容に良い」事で有名な「ビタミンC」。多くの人は「ビタミンCは美容に良い」という事は知っていますが、その殆どの人は「何故ビタミンCが美容に良いと言われるのか」「ビタミンCは1日に何mg摂取すれば良いのか」という事を知りません。ここに大きな落とし穴があり、商品を売る側は「従来の商品よりもビタミンCが多く含まれている」「従来のビタミンCよりも効果が高い」「従来のビタミンCよりも吸収率が良い」というように見せるため、「ビタミンCが何mg含まれているか」という重要な部分が後回しにされてしまう事が多いのです(通販サイトで売られている商品をよく観察してみよう。ちなみにビタミンCは最低でも1日1〜2g程度の摂取が必要)。

おそらく間違った事は言っていないのでしょう。しかし知識をつけると見方が変わります。細かな所は省きますが、例えばビタミンCには「抗酸化作用がある」「コラーゲンの合成に関与する」「免疫力を高めると言われている」「非ヘム鉄(植物性の鉄分)の吸収率を高める」「熱に弱く、酸化されやすい」「水に溶けやすく、体に長時間蓄えておく事ができない」などの特徴があります。これを知っていると、「蛋白質(必須アミノ酸)と一緒に摂取した方が良い」「鉄分と一緒に摂取した方が良い」「加熱・水の使い方・保存法などによって失われやすい」「汗や尿などから定期的に排出されている」「過剰摂取しても蓄積しない(副作用が少ない)」などの事も分かります。

「ビタミンCは美容に良い」という事しか知らない人では、前述したような「〇〇よりも良い」などの表現に強く惹かれてしまい、実際には含有量が少ないのに「これを摂取すれば美容に良い」などと安易に考えてしまいます。またそのような人では、例え実際に詳細な成分表が書かれていても、「ビタミンCが含まれている」という部分だけ見て安易に購入してしまいます。しかし前述のようなビタミンCの特徴を知っていれば、「微々たる摂取では効果が薄い」「数時間おきに摂取した方が効率が良い」などの事が分かるので、商品の誇張表現に目を奪われる事なく、どの商品を選べばより良いかを自分で判断できるようになります。

そうして我々が自分の知識に基づいた判断で商品を選ぶようになると、真に効果のある商品が世の中に残るようになり、またその商品を売る信頼できる会社が世の中に生き残り、必要な場所へ適切にお金が回るようになるので、経済は良い方向へ循環していきます。「実際にはよく分からないもの」を「効果があるように見せて売る」ような会社が未だに残っているのは、その会社や業界にお金を回している人がたくさんいるからです。それで商売が成立していて、それでその業界が盛り上がっているのだとしても、常識的に考えてそれは良い経済の回り方とは言えませんよね。私が言いたいのはそういう事です。適切な場所へ適切にお金が流れていくためには、我々が知識を身につける事が何より重要であり、世の中をより良くしていこう、経済を良くしていこうと思ったら、それを変える事ができるのは我々一人ひとりの強い意識なのです。


肌荒れを防ぐための「内側からのケア」

肌の乾燥を防ぐためには、皮膚表面からのケアももちろんですが、特に重要なのは「体の内側からのケア」です。人間は運動をするしない、気温が高い・低いに関わらず、常に体から水分が失われており、汗をかくような状態でなくても、こまめな水分・水溶性ビタミン(ビタミンB群とビタミンC)・ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛等)の補給が必要です。また室内ではエアコンをつけっ放しにするのを止めたり、保湿器などを使って湿度を一定に保つ事も重要でしょうし、風の強い日には少し厚着をしたり、マスクをしたりして皮膚を守るなどの事も効果があるかもしれません。

また睡眠習慣も重要です。睡眠習慣は食習慣と比べるといつも後回しにされてしまいますが、一日に占める割合が非常に大きな生活習慣であり、その積み重ねによる影響は大きなものです。特に「毎日同じ時間に寝起きする」「明るくなったら起き、暗くなったら寝る」「十分な睡眠時間を取る」という規則的な睡眠習慣が重要になります。尚、睡眠の質を高めるためには昼間の活動量も大きく関係します。活動と休息のメリハリをつける事も、睡眠習慣の改善には効果的です。

もちろん日常的な食習慣が重要なのは言うまでもありません。しかし日本人はダイエット(とにかく「痩せる事」を考える)に対する関心が高く、「特定の食べ物や栄養素を意識的に摂取する、あるいは制限する」という極端な考え方を持っている人が多いです。ダイエットをする事はもはや日本人にとっては常識で、それを行う事が健康や美容、更には長寿に繋がるとまで思われていますが、そのような極端な考え方は逆に栄養バランスの偏りを招くだけです。重要なのは「必須とされている栄養素を満遍なく摂取する事」であり、それを疎かにして得られる知識はありません。これは前述と同じで「痩せる」という言葉に目を奪われ、「何故痩せるのか」「そもそも痩せるとは何か」「どの栄養素をどれぐらい摂取したら良いか」を自分の頭で考えないからです。意識を変えましょう。

ちなみに摂取する必要がある栄養素を挙げると、糖、蛋白質(必須アミノ酸)、必須脂肪酸(そのバランス)、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、マグネシウム、カリウム、鉄、銅などです。これらは全て必須栄養素であり、ニキビ云々以前にバランス良く摂取する必要があります。他、全身を使った有酸素運動や顔の筋肉を動かして皮膚や筋肉などへの血流を促す事も重要です。またサウナや半身浴などによって血流を促したりするのも効果的ですが、そうして発汗を行った場合、水分・栄養補給はいつも以上に念入りに行う必要があります。それを怠れば乾燥を招くだけです。


★当ブログ内関連記事一覧