ニキビを治すために顔の筋肉を動かそう

せっかく睡眠習慣や食習慣を改善しても、顔の皮膚へしっかりと血液、酸素、栄養が運ばれなければ意味がありません。ここでは顔の血流を促すための顔の筋肉(顔筋)を鍛えるトレーニングについて、私なりに考えた事を書いています。尚、実際のトレーニングの方法については、別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「筋トレ法8」顔・舌・喉・頭のストレッチ・トレーニング』に詳しくまとめているのでそちらをご覧下さい。

小さい頃からの積み重ねが重要

人間は様々な感情を顔だけで表現できます。しかし顔にある筋肉は人によって「よく使う筋肉」と「あまり使わない筋肉」が大きく異なります。例えば普段からよく笑う人では、頬の筋肉が発達して口角が上がりやすくなり、あまり感情表現をしない人では頬の筋肉が発達せず口角が下がってしまいます。そのように普段から行っている感情表現によっては「使っている筋肉」と「使っていない筋肉」に差が生まれ、それが顔に凹凸をもたらし、その人の顔の個性として表れるのです。特に成長期ではその積み重ねが顔の形成に大きな影響を及ぼす事があります。

ただし顔の筋肉へ影響するのはそのように普段の感情表現だけではありません。例えば小さい頃から食べ物をよく噛んで食べていない人では、口の周りや顎の周りの筋肉があまり使われません。また何らかの原因で普段から口呼吸ができていない人では、無意識に口が半開きになってしまったり、睡眠中に長時間口が開いてしまいます(寝相が悪い人は特に)。そのような場合、筋肉が発達しにくくなる事があり、成長期ではそれが顔の形成に悪影響を及ぼす事があります。顔のパーツ同士の境界や輪郭がハッキリせず、のっぺりとした顔になってしまうのです。

尚、「よく噛んで食べない」「口呼吸」という習慣が小さい頃からある場合、顎の筋肉と共に顎の骨も発達しにくくなるため、歯並びが悪くなると言われています。これは顎が大きくならず、歯が生える事のできるスペースが狭くなってしまうからです。それによっては顔の形が大きく崩れてしまう事もあり、特に「美人」として扱われている人の中にも、正面から見て美しい顔でも横から見ると・・・?という人は意外にいたりします。

人は顔を見るだけで、その人が自分にとって良い人か悪い人かを判断する事ができます。これは自分の身を守るために持っている防衛本能の一つで、第一印象だけで判断されるのは残念ながら仕方のない事です。不公平ですけどね。しかし別の言い方をすれば、顔というのはその人の人生を左右するほど重要なものと言う事ができます。特に前述のように成長期での「顔の筋肉の使い方」は顔の形成に大きな影響を与えており、親の責任は重大なのです。子どもの将来を考えるなら、感情を豊かに表現できるような環境を作ってあげましょう。

顔にある筋肉について簡単にまとめてみる

顔にある筋肉としては、額(おでこ)全体にあって頭皮〜眉を結んでいる前頭筋、耳の上にある側頭筋、目の周囲にある眼輪筋、鼻を上へ引き上げる鼻根筋、口角を耳の方向へ引き上げる頬骨筋(大頬骨筋・小頬骨筋)、口角を目の方向へ引き上げる上唇挙筋と口角挙筋、唇の周囲にある口輪筋、唇の下にあるオトガイ筋と下唇下制筋、口角を引き下げる口角下制筋、口を横へ引っ張る頬筋と笑筋、耳の前にあって顎を噛み締めるために使われる咬筋、顎の下から首全体を覆っている広頚筋、首の側面にある斜角筋などがあります。もちろんこれらの筋肉の名前を全て覚える必要はありません(笑)

ここで重要なのは、人間の顔ではこれだけ細かな筋肉が、複雑に縮んだり伸びたりする事で、様々な感情を表現する事ができるという事です。つまり、例えば顔の筋肉をトレーニングする方法として「頬を上げ下げする」「眉を上げ下げする」「口を大きく開く・口を前へ突き出す」などがありますが、そのような単純な動作の繰り返しでは不十分な可能性があるという事が言えると思います。特に筋肉を収縮するためには、脳からその筋肉へできるだけスムーズに電気信号を送る必要があります。脳も途中の神経も鍛える事ができ、使い込む事よって、よりスムーズに電気信号を送る事ができるようになっていきます。よってそのような単純な動作ではなく、より複雑に顔の筋肉を動かすようなトレーニングを行った方が効果的だと思われます。

尚、筋肉はそれぞれ分かれていますが、皮膚は首〜顔〜頭まで全てが地続きになっています。またその皮膚は筋肉によって引っ張られます。つまり顔の筋肉だけでなく、首の前や首の後ろにある筋肉も一緒にストレッチ・トレーニングしていく事が効果的だと思われます。

筋肉を鍛えるには「短時間で大きな負荷を与える」事が重要

腕や足などの筋肉を鍛えて大きくしていくためには、筋肉に対してある程度大きさのストレスを与える必要があります。これは顔にあるような筋肉も同じで、「鍛えて大きくする事を目指す」場合、「短時間で大きなストレスを与える」事が基本中の基本です。ただし顔の筋肉では「重り」を使う事はできないので工夫が必要です。そこで特に重要になるのが「筋肉が伸ばされる時にゆっくり伸ばす」事です。これにより筋肉が縮む時だけでなく伸ばす時にもストレスを与える事ができ、短時間で効果的なトレーニングが可能になります。反復回数やセット数をただ増やすだけでは不十分です。

血流を促す有酸素運動も時には必要

血液は心臓から動脈を通って全身へと運ばれ、静脈を通って心臓まで戻ってきます。しかし静脈では心臓から遠いほど重力に逆らわなければならず、心臓の力に頼らずに血液を戻さなければなりません。そのためには「心臓とは別のポンプ」がどうしても必要になり、そのポンプの役割を果たすのが「筋肉」です。つまり顔にある筋肉を動かす事ができれば、血流が促され、老廃物の排出や浮腫(腫れぼったさ)などを改善する事ができます。

また皮膚と筋肉は別々のものですが、筋肉は収縮する事で周囲の血液を温める事ができます。また前述のようなポンプ作用によって、その温めた血液を全身へ循環させ、全身の体温を上昇させる役割もあります。体温が下がると血管が収縮し、細胞への血流が滞ってしまいます。もちろん上がりすぎは良くありませんが、筋肉を動かす事でそれを最低限改善し、顔の皮膚へも一定の効果をもたらすでしょう。

ちなみにニキビを治すためにと、例えば半身浴、サウナ、辛い物を食べるなどをし、体温を上げ、発汗を促そうとする人もいると思います。発汗によって余分な水分が排出されれば、顔の腫れぼったさがなくなり、いわゆる「顔痩せ」の効果が得られると思います。ただしそれは水分が排出された事による効果であり、脂肪は殆ど燃えていません。また発汗による老廃物の排出は僅かであり、いわゆるデトックス効果もありません。この点は注意すべきでしょう。

何故このような事を言うのかというと、「美容のため」「健康のため」と考えた時、そればかりに固執して他が疎かになってしまう事が多いからです。特に発汗では水溶性ビタミン・水分・ミネラルが失われています。その状態を放置すれば乾燥を招き、皮脂の過剰分泌を促すなど、期待したものとは真逆の結果をもたらす事もあります。もちろん行うのは個人の自由ですが、行う場合には水分補給・栄養補給を怠らないよう十分注意しましょう。決して一つの事に固執・過信すべきではありません。

顔についた脂肪を落とすには?

筋肉を鍛えて大きくするようなトレーニングは基本的に「無酸素運動」です。無酸素運動では酸素を消費せず、短時間の内に爆発的に糖を消費し、それをエネルギーにして大きな筋力を発揮します。一方、有酸素運動では大きな筋力は発揮できませんが、酸素を利用しながら、脂肪などのエネルギーを少しずつ使い、長時間運動を行うことができます。

つまりそれを考えると、顔の脂肪を落とすには有酸素運動の方が効果的という事になる訳ですが、注意すべきなのは「顔の筋肉を動かしたからと言って、顔にある脂肪だけが燃える訳ではない」という事です。これは多くの人が勘違いしているので認識を改めるべきでしょう。顔の筋肉を動かす事で得られる「顔痩せ」は、水分代謝が整う事による効果や、筋肉が大きくなる事で皮膚を下から押し上げる「ハリ」による効果です。顔の脂肪を落とすには全身の脂肪を落とし、脂肪の総量を減らす事が重要です。つまり顔の筋肉を鍛えるようなトレーニングはもちろん行い、その上で全身を動かすような有酸素運動を合わせて行うと良いでしょう。

ちなみにですが、無酸素運動によって消費される糖や、筋肉を大きくするために必要な蛋白質は、いずれも余ったものが脂肪になります。つまり無酸素運動を行う事で糖や蛋白質を余らないようにすれば、新たな脂肪の蓄積を防ぐ事ができる訳です。有酸素運動で直接脂肪を燃やすか、それとも無酸素運動で脂肪の蓄積を予防するか、どちらを行うかは結局のところ個人の自由です。ただし有酸素運動は長時間行えば良いという訳ではありません。一説によれば、短時間の連続した無酸素運動と長時間の有酸素運動を比べた時、エネルギー消費量にそこまで大きな差がないとも言われています。これを考えると、運動はあくまで筋トレのような無酸素運動を基本とし、有酸素運動は「脂肪を燃やす目的」ではなく「全身への血流を促す目的」で行う事をオススメします。その方が時間短縮になり、自分の時間が増えると思います。

★当ブログ内関連記事一覧

ニキビを改善するために必要な洗顔術

ニキビを治すためには、自分の肌の状態に適した洗顔方法で顔を洗わなければなりません。自分に合わない方法でいくら一生懸命洗顔を行っていてもニキビは一向に良くなりません。ここでは「ニキビを改善するために必要な洗顔の方法」について私なりに説明しています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

「ニキビを改善するために必要な洗顔術」の続きを読む

ニキビ跡の治療法についての適当まとめ

この記事では実際に美容皮膚科にてニキビ跡を治療する事になった場合の治療法について私なりにまとめています(2017年記事作成)。尚、私は医者ではありませんのであしからず。あくまで参考程度に留めておく事を強くオススメします。

ケミカルピーリングとは?

ピーリングとは皮膚の表面にある古い皮膚や皮脂などを溶かして柔らかくし、それを取り除く事で皮膚の新陳代謝を促す方法です。美容皮膚科で行うピーリングは市販されているピーリング剤とは比べ物にならないほど強力なものを扱うため、薬剤にもよりますが皮膚表面だけでなく皮膚の奥まで効果を浸透させる事ができます。それによってニキビ跡の治療を可能にします。価格は顔全体で1万5千円前後〜です。

ただし炎症が起こりやすいため、敏感肌の人では過剰な反応を上手く抑えながら治療を続ける必要があります。また外界からの細菌やウイルスなどの一部、あるいは紫外線などに対する防御力が一時的に低下するため、そういった部分でのケアも必要になります。もちろん乾燥もしやすくなるため、念入りな外側からの保湿、及び水分・栄養補給などの内側からの保湿も重要です。

ちなみに変わった方法としては、吸引しながら酸化アルミナ?を肌に吹き付け、皮膚表面の古い皮膚や皮脂を取り除く「マイクロダーマブレージョン」などという方法もあります。こちらはピーリングとは違って刺激が少ないとされていますが、その分、皮膚の奥までの効果は低くなります。


「アイソレイズ(光治療)」とは?

アイソレイズは皮膚を吸引しながら特殊な光を照射し、皮膚の奥にある細胞の新陳代謝を促すとされる方法です。それによって皮膚の奥にあるニキビ跡の治療が可能になります。ピーリングのように皮膚の細胞を直接傷つけるものではないため、もちろん人にもよりますが、比較的敏感肌の人でも行う事ができるそうです。

ただし照射する光には様々な種類があり、治療を行う際には特にニキビ跡に有効な治療を行う事ができる機器が必要になります。例えばフォトメディカル、フォトフェイシャル、LED、ブロードバンド、クロモライト、オーロラなど様々な名前があり、これは病院によってまちまちです。そのため、より質の高い機器を利用できる病院選びも重要になるかと思います。価格は病院やその機器にもよりますが、1箇所5千円前後〜です。尚、「フラクショナルレーザー」のように肌を削るタイプのものもあり、その場合、価格は倍以上となります。

ちなみにレーザー以外では「ニキビ跡を消す」というよりも、どちらかと言えば「皮膚の奥で起こっている炎症や色素沈着を抑え、その他の治療をスムーズに行う」ために行うものです。よってニキビ跡を治すためには、基本的に他の治療法も併用する必要があります。


イオン導入とは?

イオン導入とは、効果の高い美容液(病院で独自に作られたビタミンC誘導体など)を塗って微弱な電流を流し、その美容液成分(イオン化する)を皮膚の奥にまで浸透させるという方法です。皮膚は粘膜ではないので分子の大きいものほどを吸収率は低くなります。そのため市販されている安価な美容液では皮膚の奥まで届かず、ニキビ跡の根本的な解決になりません。しかしこの方法を利用すれば、本来は吸収されにくい成分も皮膚の奥まで吸収させる事ができると言われています。価格は病院や注入する薬剤にもよりますが、顔全体で1万円前後〜です。

ただし、やはりこれも「ニキビ跡を消す」というよりは「ニキビの治りを良くする」ためのものであり、ニキビ跡を消すためには他の治療法を併用する必要があります。ちなみにより効果の高い「エレクトロポレーション(電圧をかけ、一時的に皮膚の奥に栄養を通す隙間を作る)」という方法もあります。


針治療とは?

筋肉や関節の痛みを取る治療に「鍼」がありますが、これはそれではなく「針」による治療です。極細の針を使って皮膚に極細の穴を空け、そこから効果の高い薬剤を直接注入します。それによって新陳代謝を促し、皮膚の奥にある局所的なニキビ跡を改善させる事ができると言われています。名前としてはダーマローラーやダーマペン、マイクロニードルなどがあります。価格は病院や注射する薬剤の種類にもよりますが、1箇所2万円前後〜とやや高めです。

尚、注射するという意味ではヒアルロン酸注射、PRP治療(自分の血液から作った血漿を注入)、FGF注入(細胞増殖因子)なども同じですが、針の大きさ、薬剤、その効果は異なります。


ニキビの保険治療について

ニキビ跡の治療に関しては美容目的になるため、基本的に保険治療を受ける事はできません。よって上記のような方法は病院側が自由に価格を設定する事ができ、頻繁に治療を受けないにしても、続けて行えば出費はかなりのものになります。一方、ニキビ跡ではない「現在進行中のニキビ」に関しては、保険治療を受ける事ができます。つまりニキビは酷くなる前に治療を受ける事が重要です。

保険治療を受ける事ができる方法としては「ディフェリン、アダパレン、ベピオ」などの薬剤を塗る方法です。これはケミカルピーリングよりも効果は低くなるため、皮膚の奥にあるニキビ跡までは改善できませんが、市販されているピーリング剤よりはかなり高い効果を発揮する事ができるピーリング方法です。それによって個人でピーリングを行うよりも安価で、皮膚表面の凹凸を改善する治療が可能になります。もちろんその際には炎症を抑える薬を併用し、また保湿を行いながら治療を行う必要があります。価格も2千円前後〜と個人で色々試すよりも安価です。

尚、より効果の高い「トレチノイン(アダパレンと類似成分だが効果がより強力で、副作用も大きい)」による治療もあり、こちらは保険治療の範囲外となりますが、前述したような治療法と比べれば安価(病院では3千円前後)で治療を受ける事ができます。余談ですが、このトレチノイン、輸入という形であれば海外から購入して利用する事ができます。ただし個人で行う場合には自己責任になります。


★当ブログ内関連記事一覧

乾燥はニキビの大敵・肌荒れ予防のための保湿の方法まとめ

ニキビを治すためには、毛穴を詰まらせる原因となる「皮脂」の分泌をいかにして抑えるかが重要です。特に皮脂の過剰分泌に影響を与える「乾燥」はニキビの大敵です。ここではその乾燥を防ぐために必要な保湿の方法とその注意点、及び食習慣や運動習慣など基本的な生活習慣についてまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

「乾燥はニキビの大敵・肌荒れ予防のための保湿の方法まとめ」の続きを読む