成長ホルモンとIGF-1、ニキビ改善には肝臓も重要

ここではニキビを治すために必要な「成長ホルモン」と「IGF-1」というワードについて、私なりに考えた事を書いています。尚、詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『骨端線・成長ホルモン・IGF-1について』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

そもそも成長ホルモンとは?

成長ホルモン(ヒト成長ホルモンの事。略称はhGH)は細胞を複製、増殖、修復などを促す作用があると言われています。特に思春期前後においてその分泌が活発になり、それが骨に対して作用する事で身長を伸ばす事ができます。

また成長ホルモンには血糖値を上昇させる作用もあります。これにより体内の糖が枯渇した時、あるいはインスリンの作用によって血糖値が下がり過ぎてしまった時、成長ホルモンの分泌を促す事で血糖値のバランスを取ると言われています。

尚、成長ホルモンはストレスを受ける事で分泌量が増えます。そのため適度なストレスは成長ホルモンの分泌を促し、ニキビにも良い影響を与えます。しかし過度なストレスにより分泌量が増えすぎると、必要以上に細胞の成長を促す事があります。このため「過度なストレス→成長ホルモンの過剰分泌→ニキビを悪化させる」・・・という悪循環に陥る事もあります。思春期前後ではそれが起こりやすく、これがニキビの原因になっている人もいます。成長ホルモンは増えれば増えるだけ良いという訳でもないのです。


成長ホルモンの分泌を促すアルギニン

成長ホルモンは様々なホルモンによってコントロールされていますが、その分泌を促す「ソマトクリニン」というホルモンがあります。このソマトクリニンは様々な種類のアミノ酸で構成され、特に「アルギニン」というアミノ酸が深く関与していると言われています。「成長ホルモンの分泌にアルギニンが良い」とよく言われるのはこれがあるからです。

尚、そんなソマトクリニンは、深い眠りの「ノンレム睡眠」の時に分泌が促されると言われています。つまり成長ホルモンの分泌にはアルギニンの摂取と、睡眠習慣の改善、及び睡眠環境の改善などが重要になるでしょう。ただしアルギニン自体は必須アミノ酸から体内合成でき、成長期でない限りサプリメントからの摂取は特に必要ないものです。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アルギニン 200g

これはアルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては、1〜2gを小分けにし、間食時など特に空腹時に摂取すると良いと思われます。他、運動前、起床直後、寝る前などの摂取も可能です。尚、1日にどれだけアルギニンを摂取すべきか?については様々な説がありますが、いずれも明確な根拠はありません。


「IGF-1」と肝臓について

成長ホルモンは脳下垂体から分泌された後、一旦「肝臓」へ向かい、そこで「IGF-1(インスリン様成長因子)」に変換されます。実はこの「IGF-1」こそが全身へ作用する事で細胞の成長を促すのです。よって成長ホルモンの分泌を整える事はもちろんですが、肝臓の働きを正常化する事も重要になります。

肝臓は糖、脂肪、蛋白質をエネルギーへと変換したり、血液を綺麗に保つ浄化作用などを持っている臓器です。しかし元々の能力が高いために、一部の肝臓の機能が低下したとしても、「機能が低下した」という自覚症状が出ません。つまり自分が気づかぬ内に肝臓の機能が低下しているという事が、実は結構多いのです。それがニキビの原因になるという事も十分考えられる事です。

肝臓の機能を低下させる大きな原因はやはり不規則な生活習慣・・・なのですが、実は「急激な食事の変化」も肝臓の機能を低下させる原因になる事があります。ここで言う「急激な変化」とは単に暴飲暴食の事だけではなく、例えばニキビを治すためにと特定の食品・特定の栄養素ばかりを摂取したり、逆に何かを極端に制限する事が該当します。特に肝臓は要求されるエネルギーが大きく、極端な食事制限は肝臓の機能を大きく低下させます(食事量が少なくなる事で肝臓の処理量が減るため、肝臓の機能が低下しているという事を自覚できない)。

他、ビタミンB群(酵素の働きを補助する補酵素としての役割・腸内細菌でも合成可能=腸内環境の改善もニキビに効果的)の不足、睡眠不足、運動・勉強のし過ぎ、過度なストレス、病院処方の薬やサプリメントの飲み過ぎ、アルコール・タバコなどによっても肝臓の機能は低下する事があります。細かいですが注意すべきでしょう。


★当ブログ内関連記事一覧