ニキビに影響する甲状腺ホルモンとは?(別ブログリンク)

甲状腺ホルモンは喉の付け根になる甲状腺から分泌されるホルモンで、新陳代謝の過程をスムーズにし、受け取った細胞のエネルギー代謝を活性化させる作用があると言われています。特に甲状腺ホルモンは全身の細胞に作用するため、分泌が悪くなると、基礎代謝が大きく低下し、細胞の健康を維持できなくなります。当然肌の健康を維持する上でも重要になるでしょう。

また甲状腺ホルモンはアミノ酸の一種「チロシン」と、ミネラルの一種「ヨウ素」などから作られます。チロシンは必須アミノ酸である「フェニルアラニン」から体内合成され、そのフェニルアラニンは蛋白質を多く含む動物性の食品(肉、魚、卵など)から摂取できます。しかし動物性の食品に対し健康に悪いと考える日本人は多いため、食事制限が肌の健康に悪影響を及ぼす事があるのです。

またヨウ素は海産物全般に含まれます。日本人は摂取機会に恵まれていますが、食物アレルギーや好き嫌いなどによって不足する可能性があります。このためヨウ素が不足する事で甲状腺ホルモンの分泌が悪くなり、肌の健康に悪影響を及ぼすという事も考えられます。人によっては意識的に摂取スべきでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『甲状腺ホルモンの分泌と身長の伸びについて考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


以下はオススメのサプリメントを紹介しています。

Amazon商品リンク

ナウフーズ チロシン

これはチロシンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法は1日1〜2g程度を目安に摂取すると良いと思われます。摂取タイミングは朝や昼が良いでしょう。

Amazon商品リンク

ナウフーズ ヨウ素

これはヨウ素を摂取する事ができるサプリメントです。食習慣にもよりますが、1〜2日に1粒ずつ摂取すれば良いでしょう。ただし日本人で不足する事は稀なので、基本は必要ありません。