口呼吸を鼻呼吸にすればニキビが治る?ニキビと歯並びの関係

顔で起こるニキビなどの肌トラブルには、「口呼吸をする癖がある」事が少なからず関係していると私は考えています。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。

口呼吸は顔の皮膚を弛ませ、肌トラブルの原因になる事がある

人は鼻または口で呼吸を行う事ができ、鼻を使った呼吸を「鼻呼吸」、口を使った呼吸を「口呼吸」と言います。この内、鼻呼吸はそのまま行う事ができますが、口呼吸は口を開いた状態で呼吸しなければならず、これによって口の周りにある筋肉が常に緩んだ状態になります。それが日常生活で習慣化すると顔の筋肉が衰え、血流の悪化から、皮膚の栄養状態や酸素の配分が悪くなる事があります。それが「ニキビができやすい」「ニキビが中々治らない」などの肌トラブルの原因に繋がるのです。

口呼吸になってしまう原因としては、小さい頃からの習慣で口呼吸が癖になっているか、様々な原因で口呼吸せざるを得なくなっている事が原因として考えられます。口呼吸が癖の場合、意識して普段から鼻呼吸するよう注意し続ければ改善される事もありますが、特に睡眠中では意識して口を閉じる事はできないため、小さい頃からそのような癖がある人ほど直すのは容易な事ではありません(唇にテープを貼る、マウスピースをはめるなどあるにはあるが、強引な方法であり、根本的な解決にならない事がある)。一方、何らかの原因で口呼吸せざるを得ない場合、例えば鼻炎や肥満などによって鼻呼吸が苦しい人では、それを改善すればそれだけで鼻呼吸ができるようになる事も多いです。鼻や喉の状態が良くなければ耳鼻咽喉科へ、肥満の場合は減量しましょう。

ちなみに何故肥満によって鼻呼吸がしづらくなるのかというと、首の周りについた脂肪が重みとなり、寝ている時に気道が圧迫されてしまうからです。それによってイビキもかきやすくなりますし、人によっては「睡眠時無呼吸症候群(睡眠中に呼吸が停止し脳が酸欠になる)」などにもなる事があります。そうなると十分な睡眠時間にも関わらず深い睡眠を取る事ができなくなり、ニキビだけでなく心身の全体の健康に悪影響を及ぼすでしょう。


口呼吸が習慣化すると歯の健康が損なわれる事がある

前述のように口呼吸では唇及び口の周りにある筋肉が衰えます。それによって食べ物を噛むための力も弱くなり、歯を均等に使う事ができなくなります。それが積み重なると、上の歯と下の歯の高さや位置が次第にずれていき、いわゆる「歯並び」を悪化させる事があります。

特に「口呼吸+口の周りの弛み」と合わさると最悪なのが「舌癖」です。舌癖はそのまま「舌の癖」の事で、例えば言葉を発したり食べ物を飲み込んだり、あるいは何か大きな力を発揮する際、例えば舌で歯を押すなどの癖を持っている人がいます。その癖が積み重なると前歯が前へずれていく事があり、それによって口を上手く閉じる事ができなくなり、更に唇や口の周りは緩みやすくなります。これが口呼吸や肌荒れを悪化させる原因になるのです。

また口呼吸及び歯並びの悪化によっては、口の中が乾燥し、菌が繁殖しやすくなります。前述のように口が開きっぱなしになるからです。その状態で糖の多い食事をする習慣があったり、歯磨きが上手くできていなかったり、あるいはストレス環境にいたりすると、それが虫歯、歯周病、口臭などの原因にもなる場合もあります。更には乾燥する事によって粘膜の防御力が低下し、ウイルスが体内へ入りやすくなり、免疫力が低下、風邪も引きやすくなります。そのような意味でも鼻呼吸を習慣づけるべきです。


歯並びがストレスの原因になる事もある

「顔の筋肉を使わない」という意味では、普段から物静かで表情の変化がなかったり、人見知りであまり人と喋らないような事も、実は肌荒れに影響する事があります。そのような人では自分から意識的に顔の筋肉を動かしたり、口を閉じたまま生活をする意識を普段からしておくと良いでしょう。

尚、そういう人は元々ストレス体質の人も多く、一般的に知られているようにストレスはニキビを悪化させます。またストレスが原因でニキビが悪化する、あるいはニキビが原因でストレスが増えるという事は分かると思いますが、歯並びが原因で生まれたストレスがニキビを悪化させるという事も十分に考えられます。真にニキビを治したいのであれば、歯並びも同時に直していきべきだと考えます(前述してきたのは口呼吸や顔の筋肉が衰える事による肌への悪影響、ここで言っているのは別のストレスがニキビを悪化させるという事。他にもニキビとは全く関係ないような事でも、ストレスを避ける事でニキビが治る事もある)。

ちなみにですが、歯並びはそのように小さい頃からの習慣によって少しずつ変化していくものです。そういう意味では大人になってからでも歯並びは変化する事があり、口呼吸を鼻呼吸にする事、舌癖を直す事、よく噛んで食べる事などを習慣づける事は、大人になってからでも決して遅くはありません。一方、自力で歯並びを変化させるにも限界はあり、例え良い習慣を積み重ねたとしても、歯並びが良くならない場合もあります。その場合、歯科にて歯列矯正が必要になります。歯列矯正は基本的に保険適用外(先天的なものや骨格の問題など外科的な手術を要するものは除く)なので非常に高額です。そうならないよう、繰り返しになりますが、やはり小さい頃からの積み重ねが重要です。


★当ブログ内関連記事一覧