よく噛んで食べる事は肌にも歯にも良い(別ブログリンク)

よく噛んで食べると唾液が分泌されます。唾液には消化酵素が含まれており、これによって糖が少しだけ分解されます。その状態で胃腸に運ぶ事で、消化吸収がしやすくなり、糖の吸収が緩やかになります。このため血糖値の上昇が緩やかになり、胃腸への負担を軽減、更に血管への負担も減らす事ができます。これが肌の健康にも繋がる可能性があります。

またよく噛んで食べる事では、特に成長期では顎の発達を促し、歯並びを改善します。これにより顔の皮膚が緩みにくくなるため、血流が改善され、これによっても肌の健康に良い影響を与える可能性があります。小さい頃からよく噛んで食べる習慣を身につけておくべきでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『「よく噛んで食べる」の積み重ねが身長を伸ばす』にまとめているのでそちらをご覧下さい。