牡蠣でニキビが治る?亜鉛を補給しよう(別ブログリンク)

貝類は全体としてミネラルが豊富です。そんな貝類の中でも特に牡蠣は栄養価が高く、成長ホルモンの分泌及び蛋白質の合成に関与するとされる亜鉛を豊富に含んでいます。激しい運動をする習慣があったり、ストレス環境にいたりなどすると、亜鉛は不足してしまう事があります。それがニキビに良くない事は明らかであり、牡蠣はそんな場合に補給源として有用です。尚、この記事は移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『牡蠣を食べて亜鉛を補給しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

以下はオススメのサプリメントなどを紹介しています。

ディアナチュラ カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD 180粒

亜鉛だけでなくカルシウムやマグネシウム、ビタミンDもまとめて補う事のできるサプリメントです。この商品は1日6粒目安のため毎食後2粒飲めば良く、過剰摂取のリスクが抑えられています。もちろんこれは栄養の補助です。ミネラルは普段の食事から摂りましょう。
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
亜鉛などミネラルを補う事ができるナッツ類のミックスです。ミネラルをまとめて補給できます。ただしナッツ類は一般的に脂肪・カロリーが豊富なので食べる量には注意しましょう。尚、代謝を落とさないためにはカロリー確保も重要です。
黒ごまきな粉アーモンド220g

ミネラル豊富なゴマ、きな粉、アーモンドの粉末です。
ゴマやアーモンドは亜鉛が多く含まれる食品の一つです。また大豆は蛋白質やマグネシウムを豊富に含みます。ただし糖分には注意しましょう。

アルギニンでニキビが治る?(別ブログリンク)

アルギニンはアミノ酸の一種で、コラーゲンの合成、成長ホルモンの分泌、毒性のあるアンモニアの分解、血管拡張作用のある一酸化窒素の生成などの役割があります。肌の健康はもちろん、心身の健康を維持するために必要不可欠なアミノ酸です。特に成長期ではその合成能力が未熟なため、不足する事があり、人によってはサプリメントからの別途補給が必要と思われます。ちなみに不足すると発育に悪影響を及ぼす事から、準必須アミノ酸とも呼ばれており、非常に重要なアミノ酸です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「ジャイロボール適当指南書」にある記事『アルギニンの摂取方法について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

もしアルギニンの不足が心配される方は以下のような商品をオススメします。尚、市販されているコラーゲンパウダーにもアルギニンは含まれます。そのためコラーゲンパウダー(空腹時に数g)が利用できればそちらでも十分です。

Amazon商品リンク

バルクスポーツ シトリックアルギニン
これはアルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては、1回1〜3gとし、間食時や寝る前など空腹時に摂取すると良いと思われます。尚、アルギニンの摂取量の目安は特に定められていません。よく「1日5g」などと紹介される事がありますが根拠はありません。激しい運動を行っている人ではその量でも不足する事があるので注意しましょう。運動目的で利用する場合、運動前後に5g程度を追加補給すると良いかもしれません。